エコビレッジとは(目的)

CO2削減 = エコ?

「エコ」と聞いて何を思い浮かべますか?太陽光パネルやオール電化の家でしょうか。はたまたエアコンを使わない暮らしでしょうか。

これら、ひとつひとつはエコな暮らしに貢献できることかもしれません。しかし、単純に太陽光パネルを設置したからといって、持続可能な社会が構築されるとは限りません。そのような設備の話だけではなく、暮らし方やコミュニティのあり方、地域経済などを総合的に考えていく必要があるのではないでしょうか。

エコビレッジとは「お互いが支え合う社会づくり」と「環境に負荷の少ない暮らし方」を追い求める人々がつくるコミュニティのことである。
Eco Village Japan Network

という定義をしている人もいますが、これだという唯一の定義はありません。若狭瓜割などの農村集落で営まれてきた伝統的な暮らし方には、これからも有効なエコな暮らし方のヒントがたくさんあります。若狭瓜割では、どのようなエコビレッジができるのか考えていきます。

CO2削減 = エコ?

若狭瓜割には自然環境や歴史・文化、ライフスタイルといった魅力的なものが多数存在しています。これらをきちんと地域の「資源」だと認識し、大切にしていくことが必要です。

この若狭瓜割エコビレッジ構想では、以下の5つを若狭瓜割の地域資源としています。地域資源を活用しながら、環境負荷軽減を含む環境の向上を目指していきます。

若狭瓜割エコビレッジの対象地域

地域の「未来」を創造し、地域の「魅力」を育てます

持続可能な地域社会の構築

省エネ・低炭素社会の実現

環境教育・エコ意識の向上

地域の活力向上とコミュニティの醸成

若狭瓜割エコビレッジの対象地域

若狭瓜割エコビレッジ構想では地域の「未来」を創造し、地域の「魅力」を育てます。

自然(水・緑・風)の恵みを大切にしながら、安全・安心で暮らしやすい住環境の整ったモデル地域を創出します。自然との「共有」、資源の「循環」を目指し、若狭町が誇る「自然」とその「エネルギー」を活用します。

若狭瓜割名水公園エコ環境整備計画平面図 若狭瓜割名水公園エコ環境整備計画平面図 若狭瓜割名水公園エコ環境整備計画平面図

エコビレッジとは(整備構想)

資源の循環と自然との共生

資源の循環と自然との共生を実践し、エコ意識の向上と地域の活性化を目指します。

エコビレッジ区域図 番号をクリックしてください
瓜割名水公園周辺計画 瓜割名水公園周辺計画 瓜割名水公園周辺計画 瓜割名水公園周辺計画
瓜割名水公園周辺計画 瓜割名水公園周辺計画
瓜割名水公園周辺計画

ページの先頭へ