原子力発電所はいつできたの?

お父さん、
10月26日ってなんの日なの?

原子力の日だよ。
日本で最初の原子力発電が行われたのが1963年10月26日だったんだ。これを記念して10月26日は原子力の日となったんだよ。

その3年後の1966年7月に、東海発電所(茨城県東海村:日本原発(株))が営業運転を開始して、日本で初の商業原子力発電の [まく]をあけたんだ!

この頃から、発電用原子炉を取り入れようといろんな電力会社が計画を始めたんだ。
そうして、福井県に関西電力美浜発電所1号が1970年11月に、また福島県大熊町に東京電力福島第一1号が1971年3月に、相次いで営業運転開始し、日本の原子力発電は本格化していったんだよ。

関西電力美浜発電所、福島第一原子力発電所

1970年に大阪で開催された日本万国博覧会には、当時まだ試験中だった美浜原子力発電所から発電された電気が供給[きょうきゅう]されたんだ。
未来のエネルギーとしての原子力発電を、日本万国博覧会でみんなにPRしたんだね。

その後、1975年ごろから原子力発電所は何回も改良されていったんだ。
そうして、現在日本には55[] もの原子力発電所があって、年間発電電力量(9,900億kWh)の約30%を 供給 [きょうきゅう]しているんだよ!!


※石油等は、石油、その他ガス、LPG。
※構成比の各欄数値の合計は四捨五入の関係で100にならない場合がある。

【出典:電源開発の概要2006年度実績】

お父さんへの質問

  • 原子力発電所はどんなところ?
  • どんなお仕事をしているの?
  • どんな人たちが働いているの?
  • 原子力発電所はいつできたの?
  • 電気はどうやってつくるの?

原子力クイズ

リンク集