味

若狭町の味覚

日本海の荒波が旨さを引き締める「若狭ふぐ」、福井の冬の味覚の代表格「越前がに」をはじめ、海、山、湖という豊かな自然に囲まれた若狭町の特産品をぜひ味わってください。
お土産には梅商品が人気です。


【全8件】 次へ

幻の魚 クエ


「幻の魚」とも呼ばれるクエ。
10月から3月が旬で、「一度食ったら、ほかの魚はクエん」と言われるほど絶品です。美食家をうならせる、日本海側初のクエ料理を一度ご堪能ください。


ふぐ


「さしみに鍋、湯引きにひれ酒...」美味、珍味と今ではおなじみですが、三方のふぐは水温の低い日本海の荒波で育つことから身が引き締まって甘いのが特徴です。


うなぎ


口がとがってお尻が丸いのが特徴の三方湖産のウナギは別名クチボソアオウナギといわれています。


瓜割名水


全国名水百選にも認定され、天然ミネラル成分をバランスよく含んだ、とてもおいしい飲料水です。


福井梅


福井梅はかっては西田梅として知られ、天保年間(1830-44)からの歴史を受け継いでいます。
古くから作られている銘柄には、実の片側にほんのりと赤みがさした梅干し用の「紅映」、梅酒に使われる「剣先」の2種類があります。


1  >  2 次へ

△ページのトップへ

Copyright (C) Discover Wakasa. All Rights Reserved. 若狭町観光情報サイト