伝統

若狭町の歴史に触れてみませんか?

古墳や、地区の祭事などの無形文化財を紹介しています。
写真は、国の無形文化財に指定されている宇波西神社の 「王の舞」。豊漁や豊作そして国の平安を祈って演じられるようになったもので中世頃に始まったものと考えられます。


戻る 【全32件】

A

天徳寺


高野山真言宗のお寺で泰澄大師の開基と伝えられています。平安時代前期に村上天皇の勅願寺となり、その時の年号天徳が名づけの由来と伝えられています。


B

天徳寺八十八カ所


弘法大師が四国八十八カ所を模した霊場を開くために、佐渡の石工に八十八体もの石仏を刻ませたと伝えられています。


戻る 1  >  2  >  3  >  4  >  5  >  6  >  7

△ページのトップへ

Copyright (C) Discover Wakasa. All Rights Reserved. 若狭町観光情報サイト