観る

熊川宿

  • 歴史
  • 特徴
  • 見どころ
  • 旧逸見勘兵衛家
  • 宿場館
  • まちづくり
  • てっせん踊


歴史

大陸文化の受け入れ口のひとつであった若狭地方。 宿場町の面影を残す熊川の町並み。 まちを通る若狭街道(鯖街道)は、日本海と畿内を結んでいた。 この道を、多くの人や物、そして文化が行き交った。 道を歩けば出会いがある。 この道を、今一度、歩いてみよう。

熊川宿

鯖街道

古代、若狭は、朝廷に食料を献上する御食国(みけつくに)のひとつでした。日本海で獲れた魚や貝が遠路はるばる京都へ運ばれ、いつの頃からか若狭人のあいだでは「京は遠ても十八里」などと豪気なことが言われて来ました。18世紀後半から大量の鯖が若狭から京へと運ばれました。若狭街道が、鯖の道・鯖街道と呼ばれた由来です。

地図

鯖街道の名前の由来

古代より、若狭の海産物が都に運ばれていました。そして、いつの頃からか、「京は遠ても十八里」と言われるようにもなり、特に18世紀後半からたくさんの鯖が若狭の海で陸揚げされ、「鯖の道」、そして「鯖街道」と称されるようになったのです。与謝蕪村も鯖を背負い都に入る若狭の人々が目に止まったのか「夏山や 通ひなれたる 若狭人」と詠んでいます。

地図
熊川宿の誕生

秀吉に重用され若狭の領主となった浅野長政は、天正17年(1589)に熊川が交通と軍事において重要な場所であることから、諸役免除して宿場町としました。以来40戸ほどの寒村が200戸を超えるような町となったわけです。

地図


町の構成

小浜から京への若狭街道の約1.1キロメートルの両側に、平入と妻入の町家が混じって建ち並びます。
 下ノ町(しもんちょう)と中ノ町(なかんちょう)の間には「まがり」という折れ曲がるところがあります。
 中ノ町には町奉行所、蔵奉行所、問屋や社寺があり、町の中心的役割を果たしました。
 下ノ町と上ノ町(かみんちょう)は、茶店、背負、巡礼宿などが多くありました。
 下ノ町には、西山稲荷神社や孝子与七の碑があります。
 また、上ノ町の端には関所(口留番所)が設けられ、近くには火災水害に霊顕のあった権現神社も祀られています。

地図

△ページのトップへ

Copyright (C) Discover Wakasa. All Rights Reserved. 若狭町観光情報サイト