観る

熊川宿

  • 歴史
  • 特徴
  • 見どころ
  • 旧逸見勘兵衛家
  • 宿場館
  • まちづくり
  • てっせん踊


旧逸見勘兵衛家

勘兵衛家の工夫

旧逸見勘兵衛家住宅は、現在、土日祝祭日を中心に一般公開されています。(入館には高校生以上は200円が必要。中学生以下は無料となります。)
江戸時代末期に建てられたと伝えられる旧逸見勘兵衛家は、造り酒屋を営んでいた主屋と文庫蔵からなります。
改修は昔の家の持つ問題点を解決し現代的な生活が営めるようにすることが重要なポイントでした。
そこでは「明るさ」と広い「空間」の確保がテーマとなります。
隣接する町家が連続する熊川宿の町並みの中で、幸いにもこの旧逸見勘兵衛家は東隣が河内川の堰堤でした。そのため外壁に新しい窓を2ヶ所設けることができました。

地図

【保存改修前の姿】

地図

【表 構】

【1階平面図】



明るさの確保

天井を取り払い、高く広い室内にしました。

地図

【1階内部】

【2階平面図】



空間の確保

厨子二階の和室は街道側では十分な天井の高さがとれません。屋根組の梁を見せるデザインに変えて新しい天井を張り、快適な居住空間に改造されています。

地図

【2階内部】



△ページのトップへ

Copyright (C) Discover Wakasa. All Rights Reserved. 若狭町観光情報サイト