観る

若狭三方五湖

5つの湖は水質や水深が違い、すべて濃さの違う青色に見えることから「五色の湖」と呼ばれています。また、三方五湖は、水鳥の重要な生息地であり、希少な生物の生息地となっていることが国際的に認められ、2005年11月8日にラムサール条約登録湿地として認定されました。



※Flashをご利用いただく場合には、Macromedia Flash Playerが必要です。 こちらより最新バージョンをダウンロードください。


 若狭三方五湖ツーデーマーチ

※ 動画を見るには、Windows Media Playerが必要となります。 インストールされていない方は、左の「Windows Media Player」のボタンから入手(ダウンロード)できます。



三方五湖の特色

三方五湖の景観の特色は、低いゆるやかな丘陵性の山々を湖の周囲に巡らし、温和で素朴な情緒があふれています。車で「レインボーライン」を通って、標高397メートルの梅丈岳(ばいじょうだけ)山頂に登ると三方五湖が一望できます。

三方湖、水月湖は、色鮮やかな新緑や紅葉を湖畔の水面に映し出します。自然と調和している家並みや湖を囲む低い丘陵、湖畔沿いの梅林など、緑豊かで穏やかな風情に満ちています。

隣町の美浜町にまたがる久々子湖は、単調な砂浜と松林の続く久々子海岸、松原海岸に接している美しい景勝地で、北端の岳山から日本海と三方五湖を眺めることができます。 日向湖は、周囲に急峻な山をめぐらし、あたかもすり鉢の底に水をたたえたような形で、日向湖北岸には、山と湖にはさまれた狭い湖岸の山陰に、細く長い日向集落が軒を連ね、漁村風景の趣が感じられます。



関連ページ


レインボーライン


美浜町笹田から、梅丈岳山頂を経て若狭町海山を結ぶ全長11,2㎞の観光道路。  三方五湖、日本海、周囲の山々と見渡せる眺望は圧巻。  展望台にあがれば、景観は豪快そのもの。  周囲は起伏に富んだ美しい変化につつまれています。  


若狭町観光船レイククルーズ


若狭町の観光遊覧船「レイククルーズ」。 船体は全長15.2m・幅6mで総重量19tの68人乗りです。それぞれのコースで約40分間、四季折々の景色や船上での食事を楽しむことができます。


Loding

△ページのトップへ

Copyright (C) Discover Wakasa. All Rights Reserved. 若狭町観光情報サイト