観る

常神のソテツ

常神のソテツ

ソテツは、東氏宅の裏庭にあります。根元から樹高4.5~6.5mの支幹5本と、樹高1.5~3.0mの支幹8本に分かれ、
その全幹の周囲は5.2mあります。
このソテツは、インド人が漂着して植えたものであると伝えられています。

ソテツについて

ソテツは、本来琉球・九州南部の海岸に生育するものです。常神のソテツのように、日本海の厳しい風雨にあいながら、
大きく古いものはとても珍しいそうです。樹齢はおよそ1300年と推測されますが、自生したものか栽培されたものかは定かではありません。

常神半島

福井県若狭湾の中ほどに、常神半島はあります。常神は、その先端に位置しています。民宿と漁業の小さな村です。
素朴で家庭的な宿、新鮮な海の幸。海水浴、釣りなど、のんびりゆったりと海の楽しさを満喫できます。

名前の由来

和名の「ソテツ」は、樹が衰えたとき鉄クギを地面に刺して、肥料として与えると元気になるといういわれからきていると伝えられています。

※Flashをご利用いただく場合には、Macromedia Flash Playerが必要です。 こちらより最新バージョンをダウンロードください。



国の天然記念物

常神のソテツ

常神は、若狭湾に突き出た常神半島の先端にあり、対馬暖流の影響で半島には暖地性植物が多い。

ソテツは、集落の案内標識にしたがって上がったところの、民家の裏庭にある。
根元から樹高4.5~6.5メートルの支幹5本と、樹高1.5~3.0メートルの支幹8本に分かれ、その全幹の周囲は5.2メートルの巨木である。

ソテツは、本来琉球・九州南部の海岸に生育するもので、日本海の厳しい風雨にあいながら、このように大きく古いものは珍しく、自生としては、日本海側で最も北に生息すると言われる。
樹齢はおよそ1300年と推測されるが、自生したものか栽培されたものかは定かでない。
しかし、このソテツは漂流してきたインド人が種子を植えたとも伝えられている。

和名のソテツは、樹が衰えたとき鉄クギを地面に刺して、肥料として与えると元気になるといういわれからきているという。
一時樹勢に衰えがみられたが、平成8年、樹木医の指導により土の入れ換えや手入れを行った結果、回復している




関連ページ


グラスボート


船底がガラスのなっているの船で、三方海中公園の美しい海中風景を満喫できるグラスボート。
常神港を出港して御神島を約40分で一周するコースだ。  


Loding

△ページのトップへ

Copyright (C) Discover Wakasa. All Rights Reserved. 若狭町観光情報サイト