○若狭町臨時職員の賃金等に関する取扱要綱

平成17年3月31日

訓令第14号

(趣旨)

第1条 事務量、業務量の増加に伴い住民サービスを低下させることなく自治体としての行政事務を遂行するため、町職員の補佐的事務に従事させる臨時職員(以下「臨時職員」という。)の雇用を行うものとする。

(賃金)

第2条 臨時職員には、正規の勤務時間における勤務に対する報酬として賃金を支給する。

2 賃金は、事務補助員等は、4月1日現在の若狭町一般職の職員の給料表行(一)1級2号給、保育士等は、行(一)1級10号給、正看護師は、行(一)1級14号給、保健師、管理栄養士及び学校講師等は、行(一)1級18号給、調理員及び用務員等は、行(二)1級10号給を適用する。

3 前項の給料表が年度内に改正されても給料表は改正しない。また、財政事情によって給料表は据え置くことができる。

(賃金の支給)

第3条 賃金は、1年契約の場合、月の1日から末日までを計算し21日(祝日等の場合は前日)に支給する。

2 契約が3箇月未満の場合は、毎月勤務日を計算し翌月の10日までに支給する。

3 第6条に該当した場合は、その月の勤務時間に相当する金額を日割り計算によって支給する。

(諸手当)

第4条 勤勉手当は、一般職に準じて支給する。

2 時間外手当は、原則として代休扱いとして処理する。

3 通勤手当は、一般職に準じて支給する。

4 その他の諸手当は、支給しない。

(勤務時間)

第5条 勤務時間は、若狭町一般職の職員に準ずるものとする。

(契約の解除)

第6条 臨時職員が、雇用期間中に疾病等により、15日以上連続して通常の勤務ができない場合、又は引き続き勤務することが困難と判断される場合は、契約を解除する。

(災害補償)

第7条 勤務時間に事故が起きた場合は、労働者災害補償制度又は福井県市町村非常勤職員災害補償制度を適用する。

(その他)

第8条 この訓令の定めのないものは、別に町長が定める。

附 則

この訓令は、平成17年3月31日から施行する。

附 則(平成18年3月17日訓令第4号)

この訓令は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成21年10月26日訓令第4号)

この訓令は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成23年12月13日訓令第2号)

この訓令は、平成24年4月1日から施行する。

若狭町臨時職員の賃金等に関する取扱要綱

平成17年3月31日 訓令第14号

(平成24年4月1日施行)

体系情報
第5編 給  与/第2章 給料・手当
沿革情報
平成17年3月31日 訓令第14号
平成18年3月17日 訓令第4号
平成21年10月26日 訓令第4号
平成23年12月13日 訓令第2号