○物品の製造の請負又は購入、修繕等の契約に係る競争入札参加者の資格等に関する規程

平成17年6月9日

告示第18号

地方自治法施行令(昭和22年政令第16号。以下「令」という。)第167条の5第1項及び第167条の11第2項の規定に基づき、若狭町が発注する物品の製造の請負又は購入、修繕等の契約に係る一般競争入札又は指名競争入札(以下「競争入札」という。)に参加する者に必要な資格を定めるとともに、この資格審査の申請の時期、方法等を次のとおり定める。

(用語の意義)

第1条 この告示において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 物品の製造の請負又は購入、修繕 工事並びに工事関連委託業務(測量、設計、地質関係調査委託等)以外の、若狭町が発注するすべてのものをいう。

(2) 指名競争入札 指名競争入札並びに予定価格(支出負担行為伺額及び予算額も含む。)が80万円以上の見積書による競争をいう。

(競争入札に参加することができない者)

第2条 次の各号のいずれかに該当する者は、特別の理由がある場合を除き、競争入札に参加することができない。参加できない期間については別に定める。

(1) 成年被後見人及び被保佐人並びに破産者で復権を得ない者

(2) 令第167条の4第2項に該当する者

(3) 物品等競争入札参加資格審査申請書(様式第1号。以下「申請書」という。)又はその添付書類に虚偽の事項を記載した者

(4) 営業に関し、許可等を必要とする場合においてこれを得ていない者

(5) 申請書提出日において町税を滞納している者

(6) 申請書提出日の属する年の前年に営業の実績がない者

(申請書の提出)

第3条 競争入札の資格審査を受けようとする者は、申請書に次の各号に掲げる書類を添えて、基準年度(平成17年度を第1年度とする隔年度をいう。以下同じ。)の1月から2月末日までに町長に対して提出しなければならない。ただし、町長が相当と認める場合は、この限りでない。

(1) 誓約書(様式第2号)

(2) 法人にあっては商業登記法(昭和38年法律第125号)第6条第3号から第8号までに掲げる商業登記簿の謄本、個人にあっては成年被後見人、被保佐人又は破産者でないことを証する書面

(3) 町税の納税証明書

(4) 許可、認可等を必要とする営業にあっては、これを得たことを証する書類

(5) 使用印鑑届(様式第3号)

(6) 印鑑証明書

(7) 業務経歴書(様式第4号)

(8) 法人が支店、営業所等の長に入札及び見積に関する件、契約締結及び契約履行に関する件、代金請求及び受領に関する件を委任する場合には、その委任状

(競争入札参加者の資格)

第4条 競争入札に参加することができる者は、入札参加資格審査申請書が受理され、資格審査名簿に登録された者とする。

(申請書の変更届)

第5条 前条の規定により登録された者は、申請書の提出後において申請書類の内容に変更を生じた場合は、その都度、遅滞なく、町長に物品等競争入札参加資格審査申請変更届出書(様式第5号。以下「変更届」という。)を提出しなければならない。

(入札参加資格の有効期間)

第6条 入札参加資格の有効期間は、基準年度から起算して2年とする。

(資格の取消し等)

第7条 町長は、競争入札に参加する資格を有する者が、第2条各号のいずれかに該当するに至った場合又は第5条に規定する変更届を提出しない場合は、特別の理由がある場合を除き、当該資格を取り消し、又は相当の期間、当該資格を停止するものとする。

2 前項の場合において、町長は、競争入札参加資格取消(停止)通知書(様式第6号)により通知するものとする。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日以前に申請のあった物品等競争入札参加資格審査申請については、この告示により申請されたものとみなす。

物品の製造の請負又は購入、修繕等の契約に係る競争入札参加者の資格等に関する規程

平成17年6月9日 告示第18号

(平成17年6月9日施行)