○若狭町建設工事等指名業者選定委員会規程

平成17年3月31日

訓令第27号

(目的)

第1条 この訓令は、若狭町が発注する建設工事等の請負業者の指名に当たり、公正に、かつ、優良な業者を選定することにより、契約の適正な履行を図ることを目的とする。

(選定委員会)

第2条 前条の目的を達成するため、若狭町建設工事等指名業者選定委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

(所掌事項)

第3条 委員会は、次の事項を審議する。

(1) 工事の請負及び工事に係る測量調査等委託若しくは物品の製造及び修理の請負、資材の購入等で、1件当たりの設計額又は見積価格が500万円以上である契約に係る指名競争入札に参加させる予定業者の選定に関すること。

(2) その他町長が特に必要と認めた事項

(組織)

第4条 委員会の委員は、次の各号に掲げる委員の区分に応じ、それぞれ当該各号に定める職にある者をもって充てる。ただし、2号委員にあっては当該課に係る指名業者の選定の場合に限り委員となるものとする。

(1) 1号委員 副町長 総務課長 建設課長 水道課長

(2) 2号委員 上記以外の各課長(局長)

2 委員長は副町長、副委員長は総務課長をもって充てる。

3 委員長に事故があるとき又は欠けたときは、副委員長がその職務を代理する。

(会議)

第5条 委員会は、委員長が招集する。

2 委員会は、半数以上の委員が出席しなければ開くことができない。

3 第1項の規定にかかわらず委員長は、委員会を招集する暇がないと認めるとき又は委員会に付議する必要がないと認めるときは、持ち回り審議により委員会の審議に代えることができる。

4 委員会の議事は、出席委員の過半数で決定し、可否同数のときは、委員長の決するところによる。

(会議の非公開)

第6条 委員会の会議は、非公開とする。

2 委員は、委員会の審議内容を他に漏らしてはならない。

(申請書の提出)

第7条 会計課長は、第3条第1号の規定に該当するときは、若狭町建設工事等入札参加資格者台帳に登載された者(以下「資格者」という。)のうちから建設工事等指名業者選定申請書(別記様式。以下「申請書」という。)を作成し、委員会に提出しなければならない。

(審査)

第8条 指名競争入札参加業者の選定に当たっては、前条の申請書に基づき推せん理由等を勘案のうえ選定するものとする。

2 資格者がその職務に関し、不正な行為があったことの事実を知り得たとき又はおそれがあると認められるときは、指名業者として選定しない。

(庶務)

第9条 委員会の庶務は、会計課において処理する。

(その他)

第10条 この訓令に定めるもののほか、必要な事項は、委員長が定める。

附 則

この訓令は、平成17年3月31日から施行する。

附 則(平成18年12月28日訓令第9号)

この訓令は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成22年3月30日訓令第1号)

この訓令は、平成22年4月1日から施行する。

若狭町建設工事等指名業者選定委員会規程

平成17年3月31日 訓令第27号

(平成22年4月1日施行)

体系情報
第6編 財  務/第1章 通  則
沿革情報
平成17年3月31日 訓令第27号
平成18年12月28日 訓令第9号
平成22年3月30日 訓令第1号