○若狭町コミュニティセンター条例

平成17年3月31日

条例第61号

(設置)

第1条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2の規定に基づき、地域におけるコミュニティ活動の拠点として、町民の福祉及び健康を増進するための交流を提供するためにコミュニティセンター(以下「センター」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 センターの名称及び位置は、別表第1のとおりとする。

(指定管理者による管理)

第3条 センターの管理は、法人その他の団体であって町長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)にこれを行わせる。

(指定管理者が行う業務)

第4条 指定管理者は、次の各号に掲げる業務を行うものとする。

(1) センターの利用の許可に関する業務

(2) 利用料金の徴収に関する業務

(3) センターの施設及び設備の維持管理に関する業務

(4) 前3号に掲げるもののほか、センターの運営管理上、町長が必要と認める業務

(指定管理者の管理の期間)

第5条 第3条に規定する指定管理者による管理の期間は、指定を受けた日から起算して5年以内の期間とする。ただし、再指定を妨げない。

(開館時間)

第6条 開館時間は、午前9時から午後10時までとする。ただし、指定管理者が特に必要があると認めるときは、町長の承認を得て開館時間を変更することができる。

(休館日)

第7条 休館日は、特に設けない。ただし、指定管理者が特に必要と認めるときは、町長の承認を得て臨時に休館日を設けることができる。

(利用の許可)

第8条 センターを利用しようとする者は、あらかじめ指定管理者の許可を受けなければならない。許可を受けた事項の変更をしようとするときも、同様とする。

2 指定管理者は、前項の許可に際し、管理上必要な条件を付することができる。

(利用の制限)

第9条 指定管理者は、次の各号のいずれかに該当する場合は、センターの利用を許可しないことができる。

(1) 公の秩序を乱すおそれがあると認められるとき。

(2) 他人に危害又は迷惑を及ぼすおそれがあるとき。

(3) 施設又は設備を破損し、汚損し、又は滅失するおそれがあるとき。

(4) 管理上支障があると認めるとき。

(5) 前各号に掲げるもののほか、町長が特に必要であると認めたとき。

(利用権の譲渡等の禁止)

第10条 第8条の規定により利用の許可を受けた者(以下「利用者」という。)は、利用の権利を譲渡し、又は転貸してはならない。

(利用許可の取消し等)

第11条 指定管理者は、利用者が次の各号のいずれかに該当する場合は、利用の許可を取り消し、又は利用を停止させることができる。

(1) この条例及びこの条例に基づく規則に違反したとき。

(2) 許可を得ないで利用の目的を変更したとき。

(3) 第8条第2項に基づき付した許可の条件に違反し、又は違反するおそれがあると認められるとき。

(4) 町長又は指定管理者の指示に従わないとき。

(5) 前各号に掲げるもののほか、町長が特に必要であると認めたとき。

(利用料金)

第12条 利用者は、指定管理者に対し、利用料金を納付しなければならない。

2 利用料金は、別表第2に定める範囲内において、指定管理者が町長の承認を得て定める。利用料金を変更する場合も同様とする。

3 第1項により支払われた利用料金は、指定管理者の収入として収受させる。

(利用料金の減免)

第13条 指定管理者は、公益上その他特別の事情があると認めるときは、利用料金を減額し、又は免除することができる。

(損害の賠償)

第14条 利用者が、故意又は過失によりセンターの設備、器具等を損傷し、又は滅失した場合は、利用者は、それによって生じた損害を賠償しなければならない。ただし、利用者の責めに帰さない理由によるとき、又は町長が特に必要があると認めるときは、これを減額し、又は免除することができる。

(委任)

第15条 この条例の施行に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年3月31日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の際、現に合併前の上中町公の施設の設置及び管理条例(昭和39年上中町条例第11号)又は三方町公の施設の設置及び管理条例(昭和39年三方町条例第4号)(以下これらを「合併前の条例」という。)の規定によりその管理を委託しているコミュニティセンターについては、平成18年9月1日(その日前に若狭町公の施設の指定管理者の指定の手続等に関する条例(平成17年若狭町条例第60号)第3条の規定に基づき当該コミュニティセンターの管理に係る指定をした場合には、当該指定の日)までの間は、なお合併前の条例の例による。

附 則(平成22年12月21日条例第23号)

この条例は、平成23年4月1日から施行する。

別表第1(第2条関係)

名称

位置

田上コミュニティセンター

若狭町田上第18号32番地3

健康増進施設「ふるさと会館」

若狭町三方第32号3番地2

遊子集落センター

若狭町遊子第7号20番地1

朝霧あじさい会館

若狭町大鳥羽第50号60番地

若葉ふれあい会館

若狭町瓜生第32号1番地25

いこいの家明神荘

若狭町河内第1号4番地10

街道伝承館

若狭町新道第77号22番地12

別表第2(第12条関係)

 

午前9時~午後1時

午後1時~5時

午後5時~10時

研修室

2,000円

2,000円

2,500円

和室

2,000円

2,000円

2,500円

調理実習室

2,000円

2,000円

2,500円

ホール

3,000円

3,000円

4,000円

ただし、冷暖房を使用する場合は2割増とする。

若狭町コミュニティセンター条例

平成17年3月31日 条例第61号

(平成23年4月1日施行)