○若狭町熊川宿保存基金条例施行規則

平成17年3月31日

教育委員会規則第31号

(趣旨)

第1条 この規則は、若狭町熊川宿保存基金条例(平成17年若狭町条例第68号。以下「基金」という。)第7条の規定に基づき、基金の運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(事業)

第2条 条例第4条に規定する事業は、次の各号に掲げる事業とする。

(1) 保存地区内で、建造物等の保存保護を図るための事業

(2) 前号に掲げるもののほか、町長が特に必要と認めるもの

(基金の運営)

第3条 基金の運営について、公平かつ適正を期するため、若狭町伝統的建造物群保存地区保存条例(平成17年若狭町条例第100号)第13条に規定する若狭町伝統的建造物群保存地区保存審議会(以下「審議会」という。)で協議することとする。

(審議会の庶務)

第4条 審議会の庶務は、教育委員会事務局において処理する。

(その他)

第5条 この規則に定めるもののほか、基金の管理に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、平成17年3月31日から施行する。

若狭町熊川宿保存基金条例施行規則

平成17年3月31日 教育委員会規則第31号

(平成17年3月31日施行)

体系情報
第6編 財  務/第4章 契約・財産/第2節 基  金
沿革情報
平成17年3月31日 教育委員会規則第31号