○若狭町教育長の権限に属する事務の委任に関する規程

平成17年3月31日

教育長訓令第2号

(趣旨)

第1条 この訓令は、地方教育行政の組織及び運営に関する法律(昭和31年法律第162号)第26条第2項の規定に基づき、教育長の権限に属する事務の委任について必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この訓令において次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 委任事務 この訓令に基づき委任された事務をいう。

(2) 受任者 委任事務について委任を受けたものをいう。

(権限委任の保留)

第3条 委任事務であっても、次の各号に該当するときは、受任者は教育長の指示を受けて事務を処理しなければならない。

(1) 事案の内容が特に重要であると認められるとき。

(2) 取扱い上異例に属し、又は先例になると認められるとき。

(3) 疑義若しくは重大な紛議があるとき、又は処理の結果重大な紛争を生ずるおそれがあると認められるとき。

(4) 教育長が別段の指示をしたとき。

2 前項に定めるもののほか、教育長は必要があるときは、委任事務について報告を徴し、又は指示することがある。

(委任事務の専決)

第4条 受任者は、教育長の承認を得て、委任事務の一部又は全部を所属職員のうち受任者が指定する者に専決させることができる。

(委任事務に関する報告)

第5条 受任者は、処理した委任事務のうち特に上司において了知しておく必要があると認められる事項については、適宜その内容を整理して上司に報告しなければならない。

(共通的委任事項)

第6条 出先機関及び教育機関の長に対し、別表に掲げる事務を委任する。

附 則

この訓令は、平成17年3月31日から施行する。

別表(第6条関係)

共通委任事項

受任者

委任事項

教育機関の長

1 文書の取扱い等に関する事務

(1) 文書取扱主任を指定すること。

(2) 文書の発表について許可を与えること。

(3) 文書の閲覧を承認すること。

(4) 文書の保存及び廃棄に関すること。

(5) 公印の保管に関すること。

2 職員の服務等に関する事務

(1) 所属職員の事務分掌及び配置を決定すること。

(辞令により勤務配置が特定されている役付職員の勤務配置を除く。)

(2) 所属職員(長を除く。以下同じ。)の時間外勤務命令、休日勤務命令及び夜間勤務命令を行うこと。

(3) 所属職員の服務に関する諸請願を処理すること。

(4) 所属職員の職務に専念する義務を免除すること。

(学校その他の教育機関の長及び専ら職員団体の業務に従事する者に係る者を除く。)

(5) 所属職員の勤務時間の割振りに関すること。

3 所属職員の出張命令に関すること。

4 施設及び設備の管理に関する事務

(1) 施設及び設備の保全に関すること。

(2) 施設の使用を許可すること。(使用期間が3日を超える目的外使用又は異例に属する場合の許可を除く。)

(3) 管理上支障があると認められる者に対し、入館拒否、退館命令その他必要な措置を採ること。

5 軽易な行政上の指導・助言等に関すること。

6 所掌事務に係る証明に関するもの

7 通知、報告、届出、進達、申請、照会、回答等を行うこと。

8 講習会、研究会、打合会等の開催に関すること。

9 その他所掌事務のうち軽易な事項の処理に関すること。

若狭町教育長の権限に属する事務の委任に関する規程

平成17年3月31日 教育長訓令第2号

(平成17年3月31日施行)

体系情報
第7編 教  育/第1章 教育委員会
沿革情報
平成17年3月31日 教育長訓令第2号