○若狭町立図書館条例施行規則

平成17年3月31日

教育委員会規則第17号

(趣旨)

第1条 この規則は、若狭町立図書館条例(平成17年若狭町条例第92号。以下「条例」という。)第10条の規定に基づき、若狭町立図書館(以下「図書館」という。)の管理及び運営に関し、必要な事項を定めるものとする。

(職員)

第2条 条例第5条に規定する職員の職は、次のとおりとする。

(1) 図書館長

(2) 総括司書・主任司書又は主査

(3) 司書又は主事

(職務)

第3条 図書館長(以下「館長」という。)は、上司の命を受け、図書館の館務を掌理し、職員を指揮監督する。

2 総括司書・主任司書又は主査は、館長を補佐し、館長に事故があるときは、その職務を代理する。

3 司書又は主事は、上司の命を受け図書館の事務及び業務に従事する。

(開館時間)

第4条 図書館の開館時間は、午前9時から午後6時までとする(金曜日については、午前9時から午後8時までとする。)。ただし、若狭町教育委員会(以下「教育委員会」という。)が特に必要があると認めるときは、これを変更することができる。

(休館日)

第5条 図書館の休館日は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 毎週火曜日

(2) 12月29日から翌年の1月3日までの日(前号に掲げる日を除く。)

(3) 図書の点検及び整備のため、館長が必要と認める日

2 前項の規定にかかわらず、館長が特に必要があると認めるときは、これを変更し、又は臨時に休館することができる。

(委員長及び副委員長)

第6条 図書館協議会(以下「協議会」という。)に委員長、副委員長各1人を置く。

2 委員長及び副委員長は、協議会の委員(以下「委員」という。)の互選とし、その任期は1年とする。ただし、再任を妨げない。

3 委員長は、会務を総理し、協議会を代表する。

4 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるときは、その職務を代理する。

(協議会の会議)

第7条 協議会の会議(以下「会議」という。)は、委員長が招集する。

2 委員長は、会議の議長となる。

3 協議会は、委員の過半数が出席しなければ、会議を開くことができない。

4 協議会の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

(閲覧料等)

第8条 図書館に備える図書その他の資料(以下「図書館資料」という。)の閲覧は、無料とする。

(入館者の制限)

第9条 館長は、次の各号のいずれかに該当する者に対し入館を拒否し、又は退場を命ずることができる。

(1) めいていしている者

(2) 他人に危害を及ぼし、又は他人の迷惑になる物品若しくは動物の類を携帯する者。ただし、盲導犬等の場合はこの限りでない。

(3) 管理上必要な指示に従わない者

(4) その他館長が不適当と認める者

(館内秩序)

第10条 図書館を利用する者は、館内においては静粛にし、特に閲覧室内においての音読、雑話等他人の迷惑になるような行為をしてはならない。

2 喫煙、飲食等は、所定の場所でしなければならない。

(図書館資料利用の制限)

第11条 次の各号に掲げる図書館資料は、館外利用することはできない。

(1) 新聞、広報の類

(2) 貴重資料、マイクロフィルム及びもん書

(3) その他館長が指定した図書館資料

(貸出しを受けられる者)

第12条 町内に居住する者又は館長が適当と認めた者は、図書館資料の館外貸出しを受けることができる。

(貸出しを受けることができる図書館資料)

第13条 館外貸出しを受けることができる図書館資料は、館長が認めた図書館資料とする。

(貸出冊数及び貸出期間)

第14条 館外利用できる図書館資料は、10冊以内とし、その貸出期間は、貸出しの日から2週間以内とする。

(特別貸出し)

第15条 館長は、前3条の規定にかかわらず、学校その他の官公署及び館長が適当と認める者から図書館資料の貸出しの申出があったときは、期間を定めて貸し出すことができる。

(館外貸出券の交付)

第16条 図書の館外貸出しを受けようとする者は、館長に身元を確実に証明できるものを添えて、図書館外利用者登録票(様式第1号)を提出し、館外貸出券(様式第2号)の交付を受けなければならない。

2 館長は、図書館外利用者登録票を受理し、適当と認めたときは館外貸出券を交付するものとする。

3 館外貸出券を紛失し、再発行を受けようとする者は、実費を添えて館長に申し出なければならない。ただし、館長が特別な理由があると認めるときは、この限りでない。

(図書の館外貸出手続)

第17条 図書の館外貸出しを受けようとする者は、館外貸出しを受けようとする図書に、館外貸出券を添えて係員に提出するものとする。

2 前項の規定にかかわらず住基カード(住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)第30条の44第1項に規定する住民基本台帳カードという。以下同じ。)の交付を受けている者が、当該住基カードに若狭町住民基本台帳カードの利用に関する条例(平成20年若狭町条例第28号)第2条第3号に規定するサービスを受けるために必要な情報の記録をしたときは、当該住基カードを貸出カードとして利用することができる。

(館外貸出しの一時停止)

第18条 館長は、この章の規定に違反して館外貸出券を使用した者又は館長の指示に従わない者に対し、館外貸出しを停止し、又は禁止することができる。

(損害賠償)

第19条 条例第9条の規定による賠償は、同一の図書館資料による賠償とし、同一の図書館資料がない場合は、相当の代価をもって賠償しなければならない。ただし、館長が特別な理由があると認めるときは、この限りでない。

(複写依頼手続)

第20条 図書館資料の複写を依頼しようとする者は、館長の許可を受けなければならない。

2 複写を依頼した者は、その実費を納入しなければならない。

(複写の制限)

第21条 館長は、次の各号のいずれかに該当するときは、複写の申込みに応じてはならない。

(1) 著作権の侵害となるおそれのあるとき。

(2) 当館の事務上の支障のあるとき。

(3) その他館長が不適当と認めるとき。

(寄贈の受付)

第22条 館長は、図書館資料又は物品の寄贈を受け付けることができる。

(篤志の表示)

第23条 寄贈を受けた図書館資料及び物品は、寄贈者の氏名及び寄贈年月日を記入し、永くその篤志を伝えるものとする。

(その他)

第24条 この規則に定めるもののほか、この規則の施行に関し必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年3月31日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の上中町立図書館の管理運営に関する規則(平成2年上中町教育委員会規則第1号)又は三方町立図書館規則(昭和54年三方町教育委員会規則第1号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされた処分、手続その他の行為とみなす。

附 則(平成18年3月24日教委規則第33号)

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成20年2月19日教委規則第1号)

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成21年3月19日教委規則第2号)

この規則は、公布の日から施行する。ただし、様式第2号の改正規定は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成22年7月15日教委規則第7号)

この規則は、平成22年8月1日から施行する。

若狭町立図書館条例施行規則

平成17年3月31日 教育委員会規則第17号

(平成22年8月1日施行)

体系情報
第7編 教  育/第3章 社会教育
沿革情報
平成17年3月31日 教育委員会規則第17号
平成18年3月24日 教育委員会規則第33号
平成20年2月19日 教育委員会規則第1号
平成21年3月19日 教育委員会規則第2号
平成22年7月15日 教育委員会規則第7号