○若狭町青少年愛護センター運営規則

平成17年3月31日

教育委員会規則第20号

(趣旨)

第1条 この規則は、本町における青少年の生活の実態を把握し、その愛護補導の完ぺきを期するため、若狭町青少年愛護センター(以下「愛護センター」という。)を設け、その運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(名称及び位置)

第2条 愛護センターの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

若狭町青少年愛護センター

若狭町市場第20号17番地(若狭町公民館内)

(職員)

第3条 愛護センターに次の職員を置く。

(1) 所長 1人

(2) 職員 若干人

(3) その他の職員 若干人

(事業)

第4条 愛護センターは、次の事業を行う。

(1) 青少年の実態に関する調査及び統計

(2) 青少年に関する相談の受理及びこれに対する措置

(3) 青少年の生活指導及び非行の早期発見

(4) 観察の委嘱を受けた青少年の継続補導

(5) 善行青少年の発見及び表彰

(6) 青少年の生活環境改善に関する調査研究及び必要な勧告その他の措置

(7) その他青少年の生活を明るくし、非行を防止するために有効と認められる事業

(運営委員会)

第5条 愛護センターの公正かつ適正な運営を図るため、愛護センター運営委員会(以下「運営委員会」という。)を置く。

2 運営委員会は、運営委員会の委員(以下「委員」という。)15人以内で組織する。

3 委員は、次に掲げる者の中から、教育委員会が委嘱する。

(1) 町議会議員

(2) 学校教育関係者

(3) 社会教育関係者

(4) 各種団体の代表者

(5) 関係行政機関の職員

4 委員の任期は、2年とする。ただし、補欠による委員の任期は、前任者の残任期間とする。

5 委員は、再任を妨げない。

(委員長及び副委員長)

第6条 運営委員会に委員長、副委員長各1人を置く。

2 委員長及び副委員長は、委員の互選とし、その任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。

3 委員長は、会務を総理し、運営委員会を代表する。

4 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるときは、その職務を代理する。

(会議)

第7条 運営委員会の会議(以下「会議」という。)は、委員長が必要に応じて招集する。

2 委員長は、会議の議長となる。

3 運営委員会は、委員の過半数が出席しなければ、会議を開くことができない。

4 運営委員会の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

(補導員)

第8条 愛護センターに補導員を置く。

2 補導員は、委員長が委嘱する。

3 補導員の任期は、2年とする。ただし、補欠による補導員の任期は、前任者の残任期間とする。

4 補導員は、非常勤とし、出務したときは、定められた基準により費用の弁償を受けることができる。

5 補導員の勤務については、所長が別に定める。

(報酬及び費用弁償)

第9条 委員の報酬及び費用弁償は、若狭町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例(平成17年若狭町条例第37号)による。

(備付簿冊)

第10条 事務局に次の簿冊を備え付けるものとする。

(1) 委員及び補導員名簿

(2) 街頭補導日誌

(3) 青少年相談簿

(4) 青少年補導関係綴

(その他)

第11条 この規則に定めるもののほか、その他運営に関し必要な事項は、所長が別に定める。

附 則

この規則は、平成17年3月31日から施行する。

若狭町青少年愛護センター運営規則

平成17年3月31日 教育委員会規則第20号

(平成17年3月31日施行)