○若狭町縄文ロマンパーク条例

平成17年3月31日

条例第103号

(設置)

第1条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2の規定に基づき、若狭町縄文ロマンパーク(以下「縄文ロマンパーク」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 縄文ロマンパークの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

若狭町縄文ロマンパーク

若狭町鳥浜第122号12番地1

(施設)

第3条 縄文ロマンパークに、次に掲げる施設を置く。

(1) 体験館

(2) 竪穴式住居

(3) 遊具

(4) 縄文コロセウム

(5) 川風広場

(6) 前各号に掲げるもののほか、公園に必要な施設

(管理)

第4条 縄文ロマンパークは、若狭町教育委員会(以下「教育委員会」という。)が管理する。

(行為の制限及び使用の許可)

第5条 縄文ロマンパークにおいて、次の各号に掲げる行為をしようとする者及び一定時間占有して使用しようとする者は、あらかじめ教育委員会の許可を受けなければならない。許可を受けた事項の変更をしようとするときも、同様とする。

(1) 行商、募金その他これらに類する行為をすること。

(2) 業として写真又は映画の撮影すること。

(3) 興行を行うこと。

(4) 展示会、博覧会その他これらに類する催しのために縄文ロマンパークの全部又は一部を独占して利用すること。

2 教育委員会は、前項の許可に際し、管理上必要な条件を付することができる。

(行為の禁止)

第6条 公園を使用する者は、次の各号に掲げる行為をしてはならない。

(1) 施設又は設備を損傷し、又は汚損すること。

(2) 竹木を伐採し、又は植物を採取すること。

(3) 土地の形質を変更すること。

(4) はり紙若しくははり札をし、又は広告を表示すること。

(5) ごみの投げ捨てその他不衛生な行為をすること。

(6) たき火その他施設等に危険を及ぼすおそれのある行為をすること。

(7) 立入禁止区域に立ち入ること。

(8) 指定された場所以外の場所へ車を乗り入れ、又は止めておくこと。

(9) 示威行為を行うこと、又はそれに類する集会等を催すこと。

(10) その他教育委員会が禁止すべきものと認める行為をすること。

(目的外使用等の禁止)

第7条 縄文ロマンパークの使用の許可を受けた者(以下「使用者」という。)は、許可を受けた目的以外に使用し、又はその権利を譲渡し、若しくは転貸してはならない。

(特別施設等の制限)

第8条 使用者は、縄文ロマンパークに特別の設備等をしようとするときは、使用申請と同時にその旨を申請して教育委員会の許可を受けなければならない。

2 教育委員会は、特に必要があると認めるときは、使用者の負担においてその設備等をさせることができる。

(使用許可の取消し等)

第9条 教育委員会は、使用者が次の各号のいずれかに該当するとき、又は縄文ロマンパークの管理上特に必要があると認めるときは、使用の許可に係る条件を変更し、若しくは使用を停止し、又は使用の許可を取り消すことができる。

(1) この条例又はこの条例に基づく規則の規定に違反したとき。

(2) 使用の許可の条件に違反したとき。

(3) 偽りその他不正な行為により使用の許可を受けたとき。

(4) 使用料を納期限までに納付しないとき。

(5) その他教育委員会が特に必要があると認めたとき。

(使用者等に対する指示)

第10条 教育委員会は、縄文ロマンパークの設備器具の保全、その他縄文ロマンパークの管理上特に必要があると認めるときは、使用者その他関係者に対し必要な指示をすることができる。

(使用料)

第11条 使用者は、使用の許可を受けたときは、若狭町使用料条例(平成17年若狭町条例第52号)に定める使用料を納付しなければならない。

(使用料の減免)

第12条 教育委員会は、特に必要があると認めるときは、前条の使用料を減額し、又は免除することができる。

(使用料の還付)

第13条 既に納付した使用料は、還付しない。ただし、教育委員会が特別の理由があると認めるときは、その全部又は一部を還付することができる。

(原状回復の義務)

第14条 使用者は、縄文ロマンパークの使用が終わったとき、又は第9条の規定により使用を停止され、若しくは使用の許可を取り消されたときは、速やかに縄文ロマンパークを原状に回復しなければならない。

2 使用者が前項の義務を履行しないときは、教育委員会において原状に回復し、その費用は使用者が負担しなければならない。

(損害賠償)

第15条 使用者は、故意又は過失により縄文ロマンパークを損傷し、又は滅失したときは、それによって生じた損害を賠償しなければならない。ただし、教育委員会が特別の理由があると認めるときは、この限りでない。

(免責)

第16条 この条例に基づく処分によって生じた損害については、町はその責めを負わない。

(事故の責任)

第17条 自己の不注意又は不可抗力によって生じた事故(死亡、傷害、盗難等)については、町はその責めを負わない。

(委任)

第18条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、教育委員会規則で定める。

(罰則)

第19条 次に掲げる者は、5万円以下の過料に処する。

(1) 第5条第1項の規定に違反して同項各号に掲げる行為をした者

(2) 第6条の規定に違反して同条各号に掲げる行為をした者

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年3月31日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の縄文ロマンパークの設置及び管理に関する条例(平成12年三方町条例第6号)(以下「合併前の条例」という。)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされた処分、手続その他の行為とみなす。

3 この条例の施行の日の前日までにした行為に対する罰則の適用については、なお合併前の条例の例による。

若狭町縄文ロマンパーク条例

平成17年3月31日 条例第103号

(平成17年3月31日施行)