○若狭町縄文ロマンパーク条例施行規則

平成17年3月31日

教育委員会規則第32号

(趣旨)

第1条 この規則は、若狭町縄文ロマンパーク条例(平成17年若狭町条例第103号。以下「条例」という。)第18条の規定に基づき、若狭町縄文ロマンパーク(以下「縄文ロマンパーク」という。)の管理及び運営に関し、必要な事項を定めるものとする。

(使用許可の申請)

第2条 条例第5条第1項の規定により縄文ロマンパークの使用の許可を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、使用しようとする日の5日前までに縄文ロマンパーク使用許可申請書(様式第1号)を若狭町教育委員会(以下「教育委員会」という。)に提出しなければならない。

2 前項の規定による申請の期間は、使用しようとする日の3月前からとする。

3 申請者は、行事内容及び入場しようとする定員等の必要な事項について、前日までに教育委員会と打合せを行い、その指示する事項を厳守しなければならない。

4 申請者は、教育委員会が特に必要があると認めるときは、行事の計画書を提出しなければならない。

(使用許可書の交付)

第3条 教育委員会は、縄文ロマンパークの使用を許可したときは、縄文ロマンパーク使用許可書(様式第2号)を申請者に交付するものとする。

(使用料の納付)

第4条 縄文ロマンパークの使用の許可を受けた者(以下「使用者」という。)は、条例第11条の規定による使用料を、使用しようとする日の前日までに納付しなければならない。ただし、教育委員会が特別の理由があると認めるときは、使用料を後納することができる。

(使用料の減免)

第5条 条例第12条に規定する使用料の減免は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 公的機関及び町内一円を地域とする団体が、公用又は直接公益及び団体運営を目的とするために使用するとき。

(2) その他教育委員会が特に必要があると認めるとき。

(使用料の減免申請)

第6条 使用料の減額又は免除を受けようとする者は、あらかじめ縄文ロマンパーク使用料減免申請書(様式第3号)を教育委員会に提出しなければならない。

2 教育委員会は、前項の申請の提出があったときは、減免の処分を決定し、その結果を当該使用者に通知するものとする。

(使用料の還付)

第7条 条例第13条ただし書に規定する使用料の還付は、次の各号のいずれかに該当するときとする。

(1) 使用者の責任でない事情により使用できないとき。

(2) 使用者が使用しようとする日の3日前までに使用しないことを申し出たとき。

(3) その他教育委員会が適当と認めるとき。

(使用者の遵守事項)

第8条 使用者は、条例及びこの規則に定めるもののほか、次の各号に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 許可を受けないで物品の販売をしないこと。

(2) 所定の場所以外で飲食・喫煙をし、又は火気を使用しないこと。

(3) 火災及び盗難の予防に万全を期し、運営上の秩序を厳に保持すること。

(4) 許可された以外の施設等を使用し、又は移動させないこと。

(5) 使用後は、清掃、整頓等を確実に行うこと。

(6) 縄文ロマンパークの管理上、支障を来すような行為をしないこと。

(7) その他教育委員会の指示する事項に従うこと。

(事故報告)

第9条 使用者は、建物、設備器具等を損傷し、又は滅失したときは、直ちに教育委員会に届け出なければならない。

(その他)

第10条 この規則に定めるもののほか、この規則の施行に関し必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

この規則は、平成17年3月31日から施行する。

若狭町縄文ロマンパーク条例施行規則

平成17年3月31日 教育委員会規則第32号

(平成17年3月31日施行)