○児童福祉法に基づく居宅支援の事務処理に関する規則

平成17年3月31日

規則第48号

(趣旨)

第1条 この規則は、児童福祉法(昭和22年法律第164号。以下「法」という。)、児童福祉法施行令(昭和23年政令第74号。以下「施行令」という。)、児童福祉法施行規則(昭和23年厚生省令第11号。以下「施行規則」という。)及び児童福祉法に基づく指定居宅支援事業者等の人員、設備及び運営に関する基準(平成14年厚生労働省令第82号。以下「居宅基準」という。)に基づき、町が行う居宅支援の事務処理に関し、必要な事項を定めるものとする。

(児童相談所への判定依頼)

第2条 施行規則第21条の13の規定により児童相談所へ判定を求めるときは、判定依頼書(様式第1号)により児童相談所の長に依頼するとともに、判定案内書(様式第2号)を当該保護者に送付するものとする。

(居宅生活支援費の基準額)

第3条 指定居宅支援について、法第21条の10第2項第1号の規定により町長が定める居宅生活支援費の基準額は、別表第1のとおりとする。

2 前項の規定は、法第21条の12第2項において準用する法第21条の10第2項の規定により、町長が定める特例居宅生活支援費の基準額について準用する。

(障害児又は扶養義務者が負担すべき額)

第4条 指定居宅支援について、法第21条の10第2項第2号の規定により町長が定める障害児又はその扶養義務者(以下「扶養義務者」という。)の負担すべき額は、別表第2のとおりとする。

2 前項の規定は、法第21条の12第2項において準用する法第21条の10第2項の規定により、町長が定める特例居宅生活支援費に係る扶養義務者の負担すべき額について準用する。

(支援費の支給申請)

第5条 法第21条の11第1項に規定する居宅生活支援費の申請は、居宅生活支援費支給申請書(様式第3号)により、支給を受けようとする日の30日前(更新申請の場合は、支給を受けようとする日の60日前から30日前)までに行うものとする。

(支援費の支給決定)

第6条 法第21条の11第2項に規定する居宅生活支援費の支給決定に当たっては、施行規則第21条に定める事項を、原則として申請者本人からの聞取りにより把握するものとする。ただし、申請者本人からの聞取りが困難である場合には、本人の状態をよく知っている者からの聞取りにより把握することができるものとする。

2 町長は、前項の規定により把握した事項を総合的に勘案の上、支給を行うことが適切であると認めるときは、申請者に対し支援費の支給決定を行うものとする。

3 居宅生活支援費の支給量の決定に当たっては、障害児の居宅支援の利用に関する意向を基本として、当該障害児の障害の種類及び程度その他の心身の状況、当該障害児のおかれている環境、当該障害児の介護を行う者の状況等を勘案し、更に具体的に別に定める基準により調整を行うものとする。

4 前条の申請に対する処分は、当該申請のあった日から30日以内にしなければならない。ただし、当該申請に係る障害児の状況等の調査に日時を要する等特別な理由がある場合には、当該申請のあった日から30日以内に当該申請者に対し、当該申請に対する処分をするためになお要する期間及びその理由を通知し、これを延期することができる。

(支給決定の通知)

第7条 法第21条の11第3項に規定する居宅生活支援費の支給の決定(以下「居宅支給決定」という。)及び施行規則第21条の2に規定する居宅利用者負担額の通知をするときは、居宅生活支援費支給決定・利用者負担額決定通知書(様式第4号)を居宅支給決定を受けた保護者(以下「居宅支給決定保護者」という。)に送付するものとする。

2 前項の場合において、障害児の扶養義務者に利用者負担額を求めるときは、居宅生活支援費扶養義務者分利用者負担額決定通知書(様式第5号)を当該扶養義務者に送付するものとする。

(不支給決定通知書)

第8条 法第21条の11第2項に規定する居宅生活支援費の不支給の決定をしたときは、不支給決定通知書(様式第6号)により行うものとする。

(支給決定保護者の居住地の変更の届出等)

第9条 法第21条の11第5項に規定する居宅受給者証の交付を受けた居宅支給決定保護者が、施行令第24条に規定する氏名又は居住地を変更したときは、居住地等変更届(様式第7号)を提出するものとする。

(受給者証の再交付)

第10条 施行規則第21条の6第1項に規定する居宅受給者証の再交付の申請は、受給者証再交付申請書(様式第8号)により行うものとする。

(居宅支援費の支給量の変更)

第11条 施行規則第21条の10の規定により居宅生活支援費に係る支給量の変更をしようとする居宅支給決定保護者は、支給量変更申請書(様式第9号)により行うものとする。

2 施行規則第21条の11第1項の規定による支給量の変更の決定の通知は、支給量変更決定通知書(様式第10号)により居宅支給決定保護者に行うものとする。

(支給決定の取消し)

第12条 施行規則第21条の12第1項の規定による居宅支給決定の取消しに係る通知は、居宅支給決定取消通知書(様式第11号)により行うものとする。

(契約内容の報告)

第13条 法第21条の17第1項の規定により指定を受けた指定居宅介護事業者が、居宅基準第9条第3項の規定に基づき指定居宅介護の利用に係る契約の報告をするときは、居宅介護契約内容(居宅受給者証記載事項)報告書(様式第12号)により行うものとする。

2 法第21条の17第1項の規定により指定を受けた指定デイサービス事業者が、居宅基準第59条において準用する居宅基準第9条第3項の規定に基づき指定デイサービスの利用に係る契約の報告をするときは、デイサービス契約内容(居宅受給者証記載事項)報告書(様式第13号)により行うものとする。

(支援費の請求及び支払期日)

第14条 指定居宅支援事業者は、法第21条の11第10項に規定する居宅生活支援費の請求を、当該サービス提供月の翌月10日までに町長へ行うものとする。

2 町長は、前項の請求があった場合には、当該サービス提供月の翌々月末までに、当該サービスに係る居宅生活支援費を支払うものとする。

(支援費支給管理台帳)

第15条 町長は、居宅生活支援費支給管理台帳(様式第14号)を備え、必要な事項を記載するものとする。

(特例居宅生活支援費)

第16条 町長は、町が登録した基準該当居宅支援事業者が提供する居宅支援について、特例居宅生活支援費を支給するものとする。

2 基準該当居宅支援事業者の登録等については、町長が別に定める。

(居宅支援の措置の手続)

第17条 町長は、法第21条の25第1項の規定により居宅支援の措置を採るに当たっては、あらかじめ、支援依頼書(様式第15号)を当該事業所の長に送付するとともに、当該措置を採ることを決定したときは、支援決定通知書(様式第16号)を当該保護者に送付するものとする。

2 町長は、法第21条の25第1項に規定する措置を行った障害児(以下「被措置児」という。)について、当該措置を変更することを決定したときは、支援変更決定通知書(様式第17号)を当該保護者に送付するものとする。

3 町長は、披措置児について、当該措置を解除することを決定したときは、支援終了決定通知書(様式第18号)を当該保護者に送付するとともに、支援終了通知書(様式第19号)を当該事業所の長に送付するものとする。

(費用の徴収)

第18条 法第21条の25第1項の規定により行われた児童居宅支援の提供又は提供の委託に関し扶養義務者から徴収する費用の額は、別表第2に掲げるとおりとする。

2 町長は、前項の徴収額を費用徴収額決定・変更通知書(様式第20号)により、扶養義務者(保護者が扶養義務者でない場合に限る。)に送付しなければならない。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年3月31日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の上中町心身障害児に係る居宅支援の事務処理に関する規則(平成15年上中町規則第8号)又は児童福祉法に基づく居宅支援の事務処理に関する規則(平成15年三方町規則第10号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされた処分、手続その他の行為とみなす。

附 則(平成18年11月17日規則第19号)

この規則は、平成19年1月1日から施行する。

附 則(平成25年3月29日規則第12号)

この規則は、平成26年4月1日から施行する。

別表第1(第3条関係)

児童居宅生活支援費基準額

通則

1 指定居宅支援又は基準該当居宅支援に係る基準額は、1、2(注2を除く。)又は3(注3を除く。)により算定する額に別に厚生労働大臣が定める割合を乗じて得た額に、2(注2に限る。)又は3(注3に限る。)により算定する額を加えた額とする。

2 1の規定により指定居宅支援又は基準該当居宅支援に係る基準額を算定した場合において、その額に10円未満の端数があるときは、その端数金額は切り捨てて計算するものとする。

第1 児童居宅介護支援費

1 身体介護が中心である場合

(1) 所要時間30分未満の場合 2,310円

(2) 所要時間30分以上1時間未満の場合 4,020円

(3) 所要時間1時間以上の場合 5,840円に所要時間1時間から計算して所要時間30分を増すごとに1,820円を加算した額

2 家事援助が中心である場合

(1) 所要時間30分以上1時間未満の場合 1,530円

(2) 所要時間1時間以上の場合 2,220円に所要時間1時間から計算して所要時間30分を増すごとに830円を加算した額

3 移動介護が中心である場合

(1) 身体介護を伴う場合

ア 所要時間30分以上1時間未満の場合 4,020円

イ 所要時間1時間以上の場合 5,840円に所要時間1時間から計算して所要時間30分を増すごとに1,820円を加算した額

(2) 身体介護を伴わない場合

ア 所要時間30分以上1時間未満の場合 1,530円

イ 所要時間1時間以上の場合 2,220円に所要時間1時間から計算して所要時間30分を増すごとに830円を加算した額

1 障害児に対して、指定居宅介護事業所の従業者又は基準該当居宅介護事業所の従業者(注5において「居宅介護従業者」という。)が、指定居宅介護又は基準該当居宅介護(以下「指定居宅介護等」という。)を行った場合に、現に要した時間ではなく、居宅介護計画に位置付けられた内容の指定居宅介護等を行うのに要する標準的な時間で所定額を算定する。

2 1については、別に厚生労働大臣が定める者が、身体介護(入浴、排せつ及び食事等の介護をいう。)が中心である指定居宅介護等を行った場合に所定額を算定する。

3 2については、別に厚生労働大臣が定める者が、家事援助(調理、洗濯及び掃除等の家事の援助をいう。)が中心である指定居宅介護等を行った場合に所定額を算定する。

4 3については、別に厚生労働大臣が定める者が、屋外での移動に著しい制限のある視覚障害児、全身性障害児(肢体不自由の程度が身体障害者福祉法施行規則(昭和25年厚生省令第15号)別表第五号の一級に該当する児童であって両上肢及び両下肢の機能の障害を有するもの又はこれに準ずる児童をいう。)又は知的障害児に対して、移動介護(社会生活上必要不可欠な外出及び余暇活動等の社会参加のための外出(通勤、営業活動等の経済活動に係る外出、通年かつ長期にわたる外出及び社会通念上適当でない外出を除き、原則として1日の範囲内で用務を終えるものに限る。)の際の移動の介護をいう。)が中心である指定居宅介護等を行った場合に所定額を算定する。

5 別に厚生労働大臣が定める要件を満たす場合であって、同時に2人の居宅介護従業者が1人の障害児に対して指定居宅介護等を行ったときは、それぞれの居宅介護従業者が行う指定居宅介護等につき所定額を算定する。

6 夜間(午後6時から午後10時までの時間をいう。)又は早朝(午前6時から午前8時までの時間をいう。)に指定居宅介護等を行った場合は、1回につき所定額の100分の25に相当する額を所定額に加算し、深夜(午後10時から午前6時までの時間をいう。)に指定居宅介護等を行った場合は、1回につき所定額の100分の50に相当する額を所定額に加算する。

7 障害児が児童デイサービス若しくは児童短期入所を受けている間又は児童福祉施設に通所している間は、児童居宅介護支援費は、算定しない。

第2 児童デイサービス支援費(1日につき)

1 サービスの提供を受ける障害児の数の平均が1日当たり10人以下の場合 5,320円

2 サービスの提供を受ける障害児の数の平均が1日当たり11人以上20人以下の場合 3,670円

3 サービスの提供を受ける障害児の数の平均が1日当たり21人以上の場合 2,810円

1 指定デイサービス事業所又は基準該当デイサービス事業所(注2において「指定デイサービス事業所等」という。)において、指定デイサービス又は基準該当デイサービスを行った場合に、それぞれ所定額を算定する。

2 障害児に対して、その居宅と指定デイサービス事業所等との間の送迎を行った場合は、片道につき550円を所定額に加算する。

3 障害児が児童短期入所を受けている間又は児童福祉施設(保育所を除く。)に通所することとなっている間は、児童デイサービス支援費は、算定しない。

第3 児童短期入所支援費(1日につき)

1 区分1 7,960円

2 区分2 7,220円

3 区分3 4,550円

1 指定短期入所事業所において指定短期入所を行った場合に、障害児の障害の程度に応じて別に厚生労働大臣が定める区分に応じ、それぞれ所定額を算定する。ただし、医師により別に厚生労働大臣が定める基準に適合すると認められた遷延性意識障害児若しくはこれに準ずる児童又は医師により筋萎縮性側索硬化症等の運動ニューロン疾患の分類に属する疾患を有すると診断された児童に対し、医療機関である指定短期入所事業所において、指定短期入所を行った場合は、所定額にかかわらず、1日につき14,360円を算定し、重症心身障害児(重度の知的障害及び重度の肢体不自由が重複している児童をいう。)に対し、医療機関である指定短期入所事業所において、指定短期入所を行った場合は、所定額にかかわらず、1日につき20,310円を算定する。

2 宿泊を伴わない指定短期入所を行った場合は、所定額にかかわらず、注1の規定により算出する額に、現に要した時間ではなく、指定短期入所に要する時間として利用者の意向を踏まえて設定した時間に応じて次に掲げる割合を乗じて得た額を算定する。

(1) 所要時間4時間未満の場合 100分の25

(2) 所要時間4時間以上8時間未満の場合 100分の50

(3) 所要時間8時間以上の場合 100分の75

3 障害児の心身の状況、障害児の保護者の状況等からみて送迎を行うことが必要と認められる障害児に対して、その居宅と指定短期入所事業所との間の送迎を行った場合(宿泊を伴わない指定短期入所の場合を除く。)は、片道につき1,860円を所定額に加算する。

4 障害児が児童福祉施設に通所している間は、児童短期入所支援費は、算定しない。

別表第2(第4条、第18条関係)

児童居宅支援障害児・扶養義務者負担基準額表

税額等による階層区分

上限月額(円)

負担基準額(円)

児童居宅介護

30分当たり

児童デイサービス1日当たり

児童短期入所

1日当たり

A

生活保護法(昭和25年法律第144号)第6条第1項に規定する被保護者

0

0

0

0

B

当該年度分の市町村民税が非課税の者(A階層に該当する者を除く。)

0

0

0

0

C1

前年分の所得税が非課税の者(A階層又はB階層に該当する者を除く。)

当該年度分の市町村民税のうち均等割のみ課税の者

1,100

50

100

100

C2

当該年度分の市町村民税のうち所得割が課税の者

1,600

100

200

200

D1

前年分の所得税が課税の者であって、その税額の年額区分が次の額である者(A階層又はB階層に該当する者を除く。)

30,000円以下

2,200

150

300

300

D2

30,001~80,000円

3,300

200

400

400

D3

80,001~140,000円

4,600

250

500

600

D4

140,001~280,000円

7,200

300

700

1,000

D5

280,001~500,000円

10,300

400

1,000

1,400

D6

500,001~800,000円

13,500

500

1,300

1,800

D7

800,001~1,160,000円

17,100

600

1,700

2,300

D8

1,160,001~1,650,000円

21,200

800

2,100

2,800

D9

1,650,001~2,260,000円

25,700

1,000

2,500

3,400

D10

2,260,001~3,000,000円

30,600

1,200

3,000

4,100

D11

3,000,001~3,960,000円

35,900

1,400

3,500

4,800

D12

3,960,001~5,030,000円

41,600

1,600

4,000

5,500

D13

5,030,001~6,270,000円

47,800

1,900

4,600

6,400

D14

6,270,001円以上

支援費基準額

支援費基準額

支援費基準額

支援費基準額

備考

1 障害児の扶養義務者(障害児と同一の世帯に属し、かつ、生計を同じくすると認められる配偶者、父母又は子のうち、市町村民税又は所得税の税額が最も高いものに限る。以下同じ。)が負担すべき額は、それぞれ税額等による階層区分に応じ、負担基準額の欄に掲げる額とする(児童短期入所については、宿泊を伴う場合のものであり、宿泊を伴わない場合は、1日の所要時間が4時間未満の場合は当該額の4分の1の額、所要時間が4時間以上8時間未満の場合は当該額の2分の1の額、所要時間が8時間以上の場合は当該額の4分の3の額とする。)。ただし、支援費基準額を上限とする。

2 前号の規定にかかわらず、障害児の扶養義務者の1月当たりの負担額は、それぞれ、税額等による階層区分に応じ、上限月額の欄に掲げる額を上限とする。

3 この表において「支援費基準額」とは、児童福祉法に基づく指定居宅支援等に要する費用の額の算定に関する基準(平成15年厚生労働省告示第31号)により算定された額をいう。

4 この表において「市町村民税」とは、地方税法(昭和25年法律第226号)の規定による市町村民税(同法の規定による特別区民税を含む。)をいい、「均等割」及び「所得割」とは、それぞれ、同法第292条第1項第1号及び第2号に規定する均等割及び所得割(それぞれ同法の規定による特別区民税に係るものを含む。)をいう。ただし、均等割又所得割の額の計算においては、同法第323条の規定により市町村民税の減免が行われた場合には、その額を所得割の額又は均等割の額から順次控除した額を所得割の額又は均等割の額とし、所得割の額の計算においては、同法第314条の7及び同法附則第5条第3項の規定は適用しないものとする。

5 この表において「所得税」とは、所得税法(昭和40年法律第33号)、租税特別措置法(昭和32年法律第26号)及び災害被害者に対する租税の減免、徴収猶予等に関する法律(昭和22年法律第175号)の規定によって計算される所得税をいう。ただし、所得税額の計算においては、次の規定は適用しないものとする。

(1) 所得税法第92条第1項並びに第95条第1項、第2項及び第3項

(2) 租税特別措置法第41条第1項及び第2項並びに第41条の2

(3) 租税特別措置法の一部を改正する法律(平成10年法律第23号)附則第12条

6 指定居宅支援等を利用した際に身体障害者及びその扶養義務者が負担すべき額を算定した場合において、その額に10円未満の端数があるときは、その端数金額は切り捨てて計算するものとする。

児童福祉法に基づく居宅支援の事務処理に関する規則

平成17年3月31日 規則第48号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第8編 厚  生/第1章 社会福祉/第2節 児童・母子福祉
沿革情報
平成17年3月31日 規則第48号
平成18年11月17日 規則第19号
平成25年3月29日 規則第12号