○若狭町生活排水施設改造資金利子補給規則

平成17年3月31日

規則第70号

(目的)

第1条 この規則は、若狭町が施工する下水道処理施設(以下「処理施設」という。)を使用しようとする者(以下「使用者」という。)が、資金の借入れにより生活排水施設の改造を行う場合、当該資金に係る利子を補給することにより、処理施設の利用を促進し、もって生活環境の改善と河川の水質汚濁防止を図ることを目的とする。

(適用)

第2条 個人が処理施設の供用開始日から3年以内にくみ取便所を水洗便所に改造する工事、浄化槽を廃止して汚水管を排水施設に接続するために行う工事及びこれと併せて行う生活雑排水の排水設備の工事(以下「改造工事」という。)を行う場合、これに要する費用の一部又は全部を町内の金融機関から借り入れたときにこの規則を適用する。

(取扱金融機関)

第3条 この規則において、改造資金貸付を取り扱う金融機関は、次に掲げるとおりとする。

敦賀信用金庫三方支店

小浜信用金庫上中支店

福井銀行三方支店

福井銀行上中支店

福邦銀行三方支店

福邦銀行上中支店

敦賀美方農業協同組合

若狭農業協同組合

北陸労働金庫敦賀支店

(利子補給を受ける資格)

第4条 改造資金の貸付けを受けることができる者は、次に掲げる要件を備えていなければならない。

(1) 改造工事をしようとする建物の所有者であること(借家の場合は、当該建物所有者の同意を得ていること。)。

(2) 町税、水道料金等の公共料金を滞納していないこと。

(3) 連帯保証人が1人あること。

(連帯保証人)

第5条 前条第3号に規定する連帯保証人は、次に掲げる要件を備えていなければならない。

(1) 町税、水道料金等の公共料金を滞納していないこと。

(2) 独自の生計を営む者で、利子補給金の交付を受けようとする者(以下「申請者」という。)と同等以上の所得があること。

(利子補給の申請)

第6条 申請者は、借入実施日の30日前までに次に掲げる書類を添えて、町長に利子補給申請書(様式第1号)を提出しなければならない。

(1) 生活排水施設の改造に係る工事見積書

(2) 資金借入申込書及び資金借入金償還表の写し

(3) 金融機関の発行する残高証明書

(4) 住民票

(利子補給決定通知書)

第7条 町長は、前条の利子補給申請書の提出があった場合、これを審査し、適当と認めたときは、申請者に利子補給決定通知書(様式第2号)を交付するものとする。

(工事の完成)

第8条 前条の規定により利子補給決定通知書の交付を受けた者は、当該通知を受け取った日から起算して60日以内に工事を完成させなければならない。ただし、町長が当該期間内に完成することができない相当の理由があると認めるときは、この限りでない。

(利子補給の金額)

第9条 町長は、申請者に対し基準日の農林漁業金融公庫資金(農業基盤整備資金)利率に相当する額を予算の範囲内において支払うものとする。

(利子補給の最高限度額)

第10条 利子補給の対象となる資金借入額は、1申請者当たり150万円以内とする。

(利子補給の期間)

第11条 利子補給の期間は、利子補給の開始日から10年以内とする。

(利子補給金の支払)

第12条 利子補給金の支払を受けようとする者は、借入金償還日の属する年の翌年の1月31日までに利子補給金交付請求書(様式第3号)を町長に提出しなければならない。

(利子補給金の返還)

第13条 町長は、交付を行った利子補給金について申請者の虚偽の申請等不正があったと認めた場合は、当該利子補給金の一部又は全部を返還させることができる。

(その他)

第14条 この規則に定めるもののほか、必要事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、平成17年3月31日から施行する。

若狭町生活排水施設改造資金利子補給規則

平成17年3月31日 規則第70号

(平成17年3月31日施行)