○若狭町斎場条例施行規則

平成17年3月31日

規則第71号

(趣旨)

第1条 この規則は、若狭町斎場条例(平成17年若狭町条例第135号。以下「条例」という。)第11条の規定に基づき、若狭町斎場(以下「斎場」という。)の管理及び運営に関し、必要な事項を定めるものとする。

(業務)

第2条 斎場は、死体及び死胎の火葬、産汚物及び医療汚物等の焼却に関する事項を取り扱うものとし、併せて、霊柩車の提供を行う。

(使用時間)

第3条 斎場の火葬受付及び拾骨時間は、午前9時から午後5時までとする。ただし、町長が特に必要があると認めるときは、これを変更することができる。

(使用許可の申請)

第4条 条例第5条第1項及び第9条第1項の規定により、斎場及び霊柩車の使用の許可を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、使用しようとする日の前日までに使用許可申請書(様式第1号)を町長に提出しなければならない。

(死体火葬許可証の提出)

第5条 死体火葬許可証は、申請者が霊柩車を使用する際、その係員に提示し、斎場を使用する際は、斎場の係員に提出しなければならない。

(使用料の納付)

第6条 斎場の使用の許可を受けた者は、条例第6条の規定による使用料を、許可を受けた際に納付しなければならない。

(使用料の減免)

第7条 条例第7条に規定する使用料の減免は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 生活保護法(昭和25年法律第144号)による生活扶助を受けている者

(2) 町長が特別の事由があると認めた者

(使用料の減免申請)

第8条 使用料の減額又は免除を受けようとする者は、あらかじめ使用料減額(免除)申請書(様式第2号)を町長に提出し、承認を受けなければならない。

(霊柩車の運行)

第9条 霊柩車の運行地域は、条例第4条に規定する区域内を範囲として運行する。その他については、次の各号に定める事項に限る。

(1) 霊柩車の運行は、申請者が申請する駐車可能地より斎場までとする。

(2) 霊柩車に同乗する人員は、1人とする。

(3) 申請者が霊柩車の使用を辞退したとき、又は運行に支障を生じたときは、町長は、霊柩車の使用を取り消し、若しくは運行区間を変更することができる。

(4) 公的機関より霊柩車の使用申請があり、町長が必要と認めた場合は、区域外でも運行することができる。

(5) 産汚物、医療汚物又は犬等に該当するものについては、霊柩車の使用を認めない。

(その他)

第10条 この規則に定めるもののほか、この規則の施行に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、平成17年3月31日から施行する。

附 則(平成20年12月25日規則第18号)

(施行期日)

1 この規則は、平成21年4月1日から施行する。

(若狭町一般職の職員の給与に関する条例施行規則の一部改正)

2 若狭町一般職の職員の給与に関する条例施行規則(平成17年若狭町規則第26号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

若狭町斎場条例施行規則

平成17年3月31日 規則第71号

(平成21年4月1日施行)