○若狭町働く婦人の家条例施行規則

平成17年3月31日

規則第84号

(趣旨)

第1条 この規則は、若狭町働く婦人の家条例(平成17年若狭町条例第155号。以下「条例」という。)第15条の規定に基づき、必要な事項を定めるものとする。

(開閉時刻及び休館日)

第2条 働く婦人の家の開閉時刻は、次のとおりとする。

 

開館時刻

閉館時刻

毎日

午前9時

午後10時

2 働く婦人の家の休館日は、毎週火曜日及び12月28日から翌年1月3日までとする。

3 前2項の規定にかかわらず、町長は、やむを得ない理由があるときは、これを変更し、又は臨時に休館することがある。

(利用申請)

第3条 条例第5条の規定により、町長の許可を受けようとする者は、働く婦人の家利用許可申請書(様式第1号)を町長に提出しなければならない。

(許可書)

第4条 町長は、働く婦人の家の利用を許可したときは、働く婦人の家利用許可書(様式第2号)を交付する。

(許可書の提示)

第5条 許可書の交付を受けた者が、働く婦人の家を利用しようとするときは、許可書を受付に提示しなければならない。

(会長及び副会長)

第6条 条例第11条に規定する若狭町働く婦人の家運営委員会(以下「委員会」という。)に、会長及び副会長を置き、委員の互選によってこれを定める。

2 会長は、会務を総理し、委員会を代表する。

3 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるときは、その職務を代理する。

(会議)

第7条 委員会の会議は、会長が招集し会長が会議の議長となる。

2 委員会の会議は、委員の半数以上が出席しなければ開くことができない。

3 委員会の議事は、出席議員の過半数で決し、可否同数のときは、会長の決するところによる。

附 則

この規則は、平成17年3月31日から施行する。

若狭町働く婦人の家条例施行規則

平成17年3月31日 規則第84号

(平成17年3月31日施行)