○若狭町パレア若狭生きがい施設条例施行規則

平成18年3月17日

規則第1号

(趣旨)

第1条 この規則は、若狭町パレア若狭生きがい施設条例(平成18年若狭町条例第3号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(使用時間)

第2条 パレア若狭生きがい施設(以下「生きがい施設」という。)の使用時間は、午前8時30分から午後10時までとする。ただし、町長が特に必要があると認めるときは、これを変更することができる。

(休館日)

第3条 生きがい施設の休館日は、次のとおりとする。

(1) 毎週火曜日

(2) 12月29日から翌年の1月3日までの日(前号に掲げる日を除く。)

2 前項の規定にかかわらず、町長が特に必要があると認めるときは、これを変更し、又は臨時に休館することができる。

(使用者の区分)

第4条 生きがい施設の使用者を、次のとおり区分する。

(1) 個人

(2) 団体

(3) 年間使用料を納付した団体(日頃から活動していると町長が認める5人以上で構成する団体のみとする。以下「登録団体」という。)に所属する者

2 各施設の使用できる者の区分は、別表第1のとおりとする。

(使用許可の申請)

第5条 条例第7条第1項及び条例第10条第1項の規定により生きがい施設の使用及び生きがい施設に特別の設備等を設置することの許可を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、パレア若狭生きがい施設使用許可申請書(様式第1号)を町長に提出しなければならない。

2 前項の規定による申請の期間は、別表第1のとおりとする。

3 町長が特に必要があると認めるときは、申請者から行事の計画書を提出させることができる。

4 第1項及び第2項の規定にかかわらず、登録団体が使用しようとする場合は、その代表者は、最初に使用しようとする日の5日前までにパレア若狭生きがい施設使用登録申請書(様式第2号)を町長に提出しなければならない。

(使用許可書の交付)

第6条 町長は、前条第1項に定める申請を許可したときは、パレア若狭生きがい施設使用許可書(様式第3号)を申請者に交付するものとする。

2 町長は、前条第4項に定める生きがい施設の使用登録を許可したときは、パレア若狭生きがい施設使用登録書(様式第4号)を申請者に交付するものとする。

(使用の取消又は変更)

第7条 前条の申請の許可を受けた者(以下「使用者」という。)が、使用内容を取消し、又は変更をしようとするときは、速やかにパレア若狭生きがい施設使用許可(取消・変更)申請書(様式第5号)に使用許可書を添えて町長に提出しなければならない。

2 町長は、前項の申請書を受理したときは、適否を決定し、パレア若狭生きがい施設使用許可(取消・変更)許可書(様式第6号)を使用者に交付する。

(使用期間)

第8条 生きがい施設は、同一の者が、引き続き別表第1に定める日数又は時間を超えて使用することができない。ただし、町長が特別の理由があると認めるときは、この限りでない。

(付属設備等の使用料)

第9条 付属設備等の使用料は、別表第2のとおりとする。

(使用料の納付)

第10条 使用者は、条例第13条に定める使用料を、別表第1に定める日までに納付しなければならない。ただし、町長が特別の理由があると認めるときは、使用料を後納することができる。

(使用料の減免の基準等)

第11条 条例第14条に定める使用料の減免の基準及びその額は、別表第3のとおりとする。

(使用料の減免申請)

第12条 条例第14条に定める使用料の減額又は免除を受けようとする者は、あらかじめパレア若狭生きがい施設使用料減免申請書(様式第7号)を町長に提出しなければならない。

2 町長は、前条の基準に照らし前項の申請を承認したときは、パレア若狭生きがい施設使用料減免決定通知書(様式第8号)を交付するものとする。

(使用料の還付)

第13条 条例第15条ただし書に定める還付できる理由及びその金額は、次のとおりとする。

(1) 使用者の責任でない事情により使用できないとき。 使用料の全額

(2) 使用者が使用しようとする日の5日前までに使用しないことを申し出たとき。 使用料の全額

(3) 前号の規定にかかわらず、ギャラリー及び音楽ホールは、使用者が使用しようとする日の1月前までに使用しないことを申し出たときは、使用料の全額とし、使用しようとする日の30日前から使用しようとする日の5日前までに使用しないことを申し出たときは、使用料の半額とする。

(4) 使用者が使用しようとする日の4日前から使用しようとする日の1日前までに使用しないことを申し出たとき。 別表第1に定める額

(5) 使用者が生きがい施設の使用変更の許可を受けた場合において既納使用料に過納が生じたとき。 その相当額

(6) その他町長が特に必要があると認めるとき。 使用料の全額又は一部の額

(使用者の遵守事項)

第14条 使用者は、条例及びこの規則に定めるもののほか、次の各号に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 収容定員を超えて入場させないこと。

(2) 許可を受けないで物品の販売をしないこと。

(3) 所定の場所以外で飲食若しくは喫煙をし、又は火気を使用しないこと。

(4) 許可なく壁、柱等にはり紙をし、又はピン、釘打ち等をしないこと。

(5) 許可を受けた設備器具又は備付け物品以外のものを使用しないこと。

(6) 生きがい施設の管理上支障をきたすような行為をしないこと。

(7) その他町長の指示する事項に従うこと。

(入場の制限)

第15条 町長は、次の各号のいずれかに該当する者に対し入場を拒否し、又は退場を命ずることができる。

(1) めいていしている者

(2) 他人に危害を及ぼし、又は他人の迷惑になる物品若しくは動物の類を携帯する者

(3) 管理上必要な指示に従わない者

(係員の立入り)

第16条 町長は、管理上特に必要があると認めるときは、生きがい施設に職員を立入らせることができる。

(使用方法等の事前打合せ)

第17条 使用者は、使用に際して事前に町長と生きがい施設の使用方法、遵守事項その他必要な事項を打ち合せしなければならない。

(責任者の設置)

第18条 使用者は、団体で利用するときは、生きがい施設内の秩序を保持するため必要な責任者を置かなければならない。

(事故報告)

第19条 条例第17条の定めにより使用者は、建物、設備器具等を損傷し、又は滅失したときは、直ちに町長に届け出なければならない。

(その他)

第20条 この規則に定めるもののほか、この規則の施行に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成18年4月1日から施行する。

(事前準備行為)

2 この規則の施行の日前になされた生きがい施設の使用に関するための手続は、第4条から第13条までの規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成23年4月1日規則第7号)

この規則は、公布の日から施行する。

別表第1(第4条、第5条、第8条、第10条、第13条関係)

施設の使用者の区分

施設

使用者の区分

使用許可申請の期間

使用期間

使用料の納付

使用料の還付

研修室

5人以上の団体

使用しようとする日の6月前の日から前日までの間

6日

使用しようとする日

使用料の全額

教養娯楽室

(和室)

5人以上の団体

使用しようとする日の3月前の日から前日までの間

1日

使用しようとする日

使用料の全額

会議室

(音楽スタジオ)

5人以上の団体又は登録団体に所属する者

使用しようとする日の3月前の日から前日までの間

3時間

使用しようとする日

使用料の全額

創作活動室

(創作スタジオ)

個人、団体又は登録団体に所属する者

使用しようとする日の6月前の日から5日前までの間

1日

使用しようとする日

使用料の全額

多目的ホール

個人又は団体

使用しようとする日の6月前の日から5日前までの間

14日

使用しようとする日の5日前

使用料の5割に相当する額

ギャラリー

個人又は団体

使用しようとする日の6月前の日から5日前までの間

21日

使用しようとする日の5日前

使用料の5割に相当する額

音楽ホール

個人又は団体

使用しようとする日の1年前の日から14日前までの間

6日

(練習目的に利用する場合はリハーサル室と同様)

使用しようとする日の14日前

0円

ホワイエ

個人又は団体

使用しようとする日の3月前の日から前日までの間

1日

(音楽ホールと併用する場合は音楽ホールと同様)

使用しようとする日の前日

使用料の5割に相当する額

リハーサル室

個人、団体又は登録団体に所属する者

使用しようとする日の3月前の日から前日までの間

(音楽ホールと併用する場合は音楽ホールと同様)

1日

(音楽ホールと併用する場合は音楽ホールと同様)

使用しようとする日の前日

使用料の5割に相当する額

備考 上記期日が、休館日にあたる場合は、その前日とする。

別表第2(第9条関係)

付属設備等の使用料

区分

品名

単位

使用料

創作活動設備

電動ろくろ

1台

1時間 100円

電気窯(10kw用)

1基

素焼き 1時間 400円

本焼き 1時間 500円

電気窯(15kw用)

1基

素焼き 1時間 500円

本焼き 1時間 600円

粘土等

 

別に定める。

音楽ホール

ピアノ(外国製)

1台

5,000円

ピアノ(日本製)

1台

3,000円

金屏風

1双

1,000円

音響調整装置

1式

2,000円

プロジェクター

1式

1,500円

その他

 

別に定める。

別表第3(第11条関係)

使用料の減免の基準及びその額

施設

減免する額

公共団体

学校等教育機関及び保育所

町内一円を地域とする各種団体

個人

左記のほか

研修室

全額

全額

全額

減免なし

教養娯楽室

(和室)

全額

全額

全額

減免なし

会議室

(音楽スタジオ)

減免なし

減免なし

減免なし

減免なし

創作活動室

(創作スタジオ)

減免なし

減免なし

減免なし

減免なし

減免なし

多目的ホール

全額

全額

全額

減免なし

減免なし

ギャラリー

半額

全額

半額

減免なし

減免なし

音楽ホール

半額

半額

(行事は全額)

半額

減免なし

減免なし

ホワイエ

半額

半額

(行事は全額)

半額

減免なし

減免なし

リハーサル室

半額

全額

半額

減免なし

減免なし

備考

1 条例第1条に規定する設置の目的に沿ったものに使用する場合に適用する。

2 登録利用の使用料には適用しない。

3 町主催若しくは共催又は協賛する事業は、全額免除とする。(会議室及び創作活動室を除く。)

4 減免する額が、全額又は半額であっても、入場料等を徴収する場合は上記表の限りでない。

5 上記表において町外の学校等教育機関、保育所又は社会福祉法人は、公共団体とみなす。

6 ギャラリーを7日を超えて利用する場合、8日目以降の1日当たりの減免する額は、上記減免する額に上記表で「減免なし」と区分される場合は400円、「半額」と区分される場合は200円を加算した額とする。

若狭町パレア若狭生きがい施設条例施行規則

平成18年3月17日 規則第1号

(平成23年4月1日施行)