○若狭町出産祝い金支給要綱

平成19年3月19日

告示第5号

(目的)

第1条 この告示は、本町の未来を担う子どもの誕生を祝福するとともに子どもの健全な育成を図るため、本町の予算の範囲内において若狭町出産祝い金(以下「祝い金」という。)を支給することにより、子どもを安心して育てる環境をつくり、もって少子化の解消及び人口の増加を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この告示において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 母 子を出産した者で当該出産をした日に住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)に基づき本町の住民基本台帳に記載(以下「住民記録」という。)されているものをいう。

(2) 対象児 母が出産した子で当該出産をした日において母と同一の世帯に住民記録されているものをいう。

(祝い金の支給の対象者及び額)

第3条 祝い金の支給を受けることができる者は、平成23年4月1日以後に出生した対象児であり、かつ、次条第1項の規定により申請をしようとする日以前の1年間を本町に住民記録されている母の世帯の対象児とし、祝い金の額は、対象児1人につき5万円とする。ただし、支給対象者と世帯を一にする者が税金及び当町が決定する公共料金を未納し、又は滞納している場合は、祝い金を支給しないものとする。

(申請の手続)

第4条 前条の祝い金の支給を受けようとする対象児は、対象児が出生した日から1年以内に母を代理として若狭町出産祝い金支給申請書兼請求書(別記様式)を町長に提出しなければならない。

2 前項の規定による申請及び請求をする場合において、母及び支給対象の母が死亡その他の事情により申請及び請求をできないときは、次に掲げる者が当該申請及び請求をすることができる。

(1) 対象児の法定代理人

(2) その他町長が適当と認める者

(祝い金の支給)

第5条 町長は、前条の規定により祝い金の支給の申請があったときは、当該申請の内容を速やかに審査し、及び調査し、適正と認めたときは、当該申請を受け付けた日の属する月の翌月以内に支給対象者に支払うものとする。

(祝い金の返還)

第6条 町長は、祝い金の支給を受けた者が次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、祝い金の全部を返還させるものとする。

(1) 偽りその他不正な行為があったと認めるとき。

(2) その他町長が不適当と認めるとき。

(補則)

第7条 この告示に定めるもののほか、祝い金の支給に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この告示は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成20年3月18日告示第3号)

(施行期日)

1 この告示は、平成20年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の若狭町出産祝い金支給要綱の規定は、この告示の施行の日以後の祝い金の支給について適用し、改正前の若狭町子育て支援奨励金支給要綱に係る奨励金の支給については、なお従前の例による。

附 則(平成23年3月23日告示第7号)

(施行期日)

1 この告示は、平成23年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の若狭町出産祝い金支給要綱の規定は、この告示の施行の日以後の祝い金の支給について適用し、同日前までに係る祝い金の支給については、なお従前の例による。

附 則(平成24年6月26日告示第23号)

この告示は、平成24年7月9日から施行する。

若狭町出産祝い金支給要綱

平成19年3月19日 告示第5号

(平成24年7月9日施行)

体系情報
第8編 厚  生/第1章 社会福祉/第2節 児童・母子福祉
沿革情報
平成19年3月19日 告示第5号
平成20年3月18日 告示第3号
平成23年3月23日 告示第7号
平成24年6月26日 告示第23号