○若狭町地域振興基金条例施行規則

平成24年3月23日

規則第2号

(趣旨)

第1条 この規則は、若狭町地域振興基金条例(平成24年若狭町条例第2号。以下「条例」という。)第7条の規定に基づき、基金の運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(寄附金の範囲)

第2条 条例第2条第2号で定める寄附金は、次の各号に掲げるものとする。

(1) 社団法人若狭町三十三文化共栄会(以下「三十三文化共栄会」という。)の解散に伴い、若狭町に寄附された残余財産のうち現金及び預金の額

(2) 社団法人若狭町三方文化共栄会(以下「三方文化共栄会」という。)の解散に伴い、若狭町に寄附された残余財産のうち現金及び預金の額

(3) 社団法人若狭町西田文化共栄会(以下「西田文化共栄会」という。)の解散に伴い、若狭町に寄附された残余財産のうち現金及び預金の額

(4) その他各種団体などからの寄附金

(事業)

第3条 条例第1条に規定する事業は、次の各号に掲げる事業とする。

(1) 三十三地区、三方地区及び西田地区(以下「各地区」という。)における公共又は公共施設の整備事業

(2) 三十三文化共栄会、三方文化共栄会及び西田文化共栄会から寄附された不動産の管理運営に関する事業

(3) 前2号に掲げるもののほか、町長が特に必要と認めるもの

(4) 事業は施行の日から概ね10年を目標として実施する。

(基金の運営)

第4条 基金の運営について、公平かつ適正を期するため、各地区区長会で協議することとする。ただし、第2条第4号に定める寄付金については、当該寄付を受けた団体等と協議することとする。

(基金管理簿)

第5条 基金の適正な管理を図るため、若狭町地域振興基金管理簿(別記様式)を整備するものとする。

(その他)

第6条 この規則に定めるもののほか、基金の管理に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

若狭町地域振興基金条例施行規則

平成24年3月23日 規則第2号

(平成24年3月23日施行)

体系情報
第6編 財  務/第4章 契約・財産/第2節 基  金
沿革情報
平成24年3月23日 規則第2号