○若狭町学生合宿促進事業補助金交付要綱

平成24年3月30日

告示第6号

(趣旨)

第1条 この告示は、本町における学生合宿の開催を促進するための補助金(以下「補助金」という。)を交付することに関し、若狭町補助金等交付規則(平成17年若狭町規則第32号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(補助対象事業)

第2条 補助金の交付の対象となる事業(以下「補助対象事業」という。)は、県外に所在する高等学校、短期大学又は大学(学校教育法(昭和22年法律第26号)に規定するものをいう。)の生徒又は学生で構成する運動系及び文化系の団体(以下「団体」という。)が若狭町内に宿泊して行う合宿で、次の各号に定める要件のいずれも満たすもの(以下「合宿」という。)とする。ただし、町長が特に必要があると認めるときは、この限りでない。

(1) 旅館業法(昭和23年法律第138号)第2条に規定するホテル営業、旅館営業及び簡易宿所営業に係る施設(次に掲げる施設を除く。)に宿泊するものであること。

 合宿所

 スポーツ施設に付随する宿所

 バンガロー

 ログハウス

 キャンプ場

 福井県立三方青年の家

 その他町長が不適当と認める施設

(2) 本町の区域内で、前項に掲げる施設に連続して宿泊する団体の生徒又は学生の延べ人数(以下「延べ人数」という。)が20人以上であること。

2 前項の規定に関わらず、その事業が、次の各号のいずれかに該当するときは、補助対象としない。ただし、町長が特に必要があると認めるときは、この限りでない。

(1) 単に公式大会やイベントに参加することのみを目的とするもの

(2) 営利を目的とするもの

(3) 政治的又は宗教的な活動を目的とするもの

(4) 若狭町又は若狭町の関連団体(若狭町から補助金等の交付を受けている団体をいう。)から補助金等の交付を受けているもの

(5) その他町長が不適当と認めるもの

(補助対象経費)

第3条 補助金の交付の対象となる経費は、補助対象事業に係る宿泊費及び合宿期間中に福井県内での福井を知る取組みや地域住民等との交流(以下「地域交流」という。)を行った場合の次に掲げる経費(以下「地域交流費」という。)とする。

(1) 観光、スポーツ及び文化施設(温泉施設、レジャー施設は除く。)の入館料、使用料及び観光ガイド料

(2) 農林漁業体験料

(3) ものづくり体験料

(4) スポーツ、文化団体との交流又は指導に係る経費

(5) 地域行事参加に係る経費

(6) その他町長が適当と認めるもの

(補助期間)

第4条 補助金を交付する期間(以下「補助期間」という。)は、平成24年度から平成26年度までとする。ただし、町長が当該補助対象事業の内容が極めて公益性が高く、さらに継続して補助金を交付することが適当であると認める場合は、この限りでない。

(補助対象者)

第5条 補助金の交付を受けることができる者(以下「補助対象者」という。)は、合宿の主催者とする。

2 複数の団体が同一の目的で合宿をする場合は、個々の参加団体の主催者を補助対象とする。

3 同一の団体が2箇所以上に分かれて宿泊する場合において、その目的と活動内容が同一であるときは、1の補助対象者とする。

(述べ人数の算定)

第6条 前条第2項に規定する場合における延べ人数は、個々の参加団体ごとに算定する。

2 前条第3項の場合における延べ人数は、2箇所以上に分かれて宿泊する複数の延べ人数を合計することにより算定する。

(複数の年度にわたる合宿の延べ人数の算定)

第7条 1回の合宿が複数の年度にわたり実施される場合の延べ人数は、当該合宿の初日から最終日までの間の延べ人数を合計することにより算定する。

2 補助期間の終了年度に実施される1回の合宿が翌年度にわたる場合の延べ人数は、当該合宿の初日から補助期間の終了年度の最終日までの間の延べ人数とする。

(補助金の額)

第8条 補助金の額は、予算の範囲内において、次の各号の合算した額とする。

(1) 宿泊費に係る補助金の額は、延べ人数に1,000円を乗じて得た額とし、1回につき20万円を限度とする。ただし、町長が特に必要があると認めるときは、この限りでない。

(2) 地域交流費に係る補助金の額は、地域交流の参加人数に250円を乗じて得た額とする。ただし、参加者1人あたりの地域交流費が250円に満たない場合は、参加人数にその額を乗じて得た額とする。

(交付の申請)

第9条 補助対象者は、補助金の交付を受けようとするときは、次に掲げる書類を事業の開始日までに町長に提出するものとする。

(1) 若狭町学生合宿促進事業補助金交付申請書(様式第1号)

(2) 事業計画書(様式第2号)

(3) その他町長が必要と認める書類

(交付の決定)

第10条 町長は、前条の規定する申請書その他の書類の提出があったときは、その内容を審査し、適当と認めたときは、補助金の交付を決定するものとする。

(決定の通知)

第11条 町長は、補助金の交付を決定したときは、若狭町学生合宿促進事業補助金交付決定通知書(様式第3号)により、補助対象者に通知するものとする。

(補助金の交付の変更申請及び承認)

第12条 補助金の交付決定を受けた者(以下「補助事業者」という。)は、申請に係る事項を変更しようとするときは、速やかに事業変更中止(廃止)承認申請書(様式第4号)を町長に提出し、その承認を受けなければならない。ただし、事業の趣旨及び概要、補助金の額等以外の軽微な変更については、この限りでない。

2 町長は、前項に規定する申請書の提出があったときは、その内容を審査し、適当と認めたときは、事業変更中止(廃止)承認書(様式第5号)により、補助事業者に通知するものとする。

(実績報告)

第13条 補助事業者は、補助対象事業が完了したときは、速やかに次に掲げる書類を町長に提出しなければならない。

(1) 若狭町学生合宿促進事業補助金実績報告書(様式第6号)

(2) 事業実績内訳書(様式第7号)

(3) 宿泊証明書(様式第8号)

(4) 地域交流活動報告書(様式第9号)

(5) その他町長が必要と認める書類

(交付額の確定及び通知)

第14条 町長は、前条に規定する書類の提出があったときは、その内容を審査し、適当と認めたときは、補助金の交付の額を確定し、その旨を若狭町学生合宿促進事業補助金交付確定通知書(様式第10号)により、補助事業者に通知するものとする。

(補助金の請求及び交付)

第15条 前条の規定による通知を受けた補助事業者は、請求書兼振込依頼書(様式第11号)を町長に提出しなければならない。

2 町長は、請求書兼振込依頼書の提出があったときは、速やかに補助金を交付するものとする。

3 第7条第1項に規定する1回の合宿が複数の年度にわたり実施される場合の補助金については、年度ごとに交付するものとする。

(決定の取消し等)

第16条 町長は、補助事業者が次の各号のいずれかに該当するときは、補助金の交付の決定の全部又は一部を取り消し、又は返還を求めることができる。

(1) 偽りその他不正な手段により補助金の交付を受けたとき。

(2) 補助金の交付の決定の内容又はこれに付した条件に違反したとき。

(3) その他町長が特別の理由があると認めたとき。

(その他)

第17条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この告示は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月27日告示第4号)

この告示は、平成26年4月1日から施行する。

若狭町学生合宿促進事業補助金交付要綱

平成24年3月30日 告示第6号

(平成26年4月1日施行)