ページの先頭へ

トップ > 若狭町の新規就農支援

若狭町の新規就農支援

現在、若狭町には、約2,000haの農地がありますが、高齢化と後継者不足により、大きな試練に立たされています。一方で、安全で安心できる食糧供給、自然環境の保全等の観点から、農業・農村への社会の期待が高まっています。 地域の課題、社会の課題として、農業・農村の再生が必須です。そのためには担い手が必要ですが、残念ながら若狭町の地元にはその担い手が少ないのが現状です。
そこで、若狭町では、都市の若者に“農業・農村再生の担い手”を期待し、新規就農支援を行っています。

若狭町の農業研修について

2年間の農業・農村生活研修により、若者の就農定住に取り組んでいます。
若狭町は、農業と農村地域の再生・活性化には、新しい人材の定住が必須であると考え、かみなか農楽舎で都市の若者に対し、2年間の農業研修と農村生活研修を提供しています。
また、スムーズな就農ができるように町内の地域農業者のもとで専門的な基礎知識や生産知識を習得する外部研修制度も実施しており、これまでに40名以上の研修生を迎えています。そのうち半数以上の方が、若狭町内に新規就農者などとして定住し、農業と農村地域の再生・活性化の一翼を担っています。

若狭町の農業研修について詳細はこちら

若狭町の就農定住支援

若狭町では、就農定着に向けて、住まい/農地/農業用機械施設/公的助成制度など、生活や営農活動に必要なサポート体制づくりを進めています。

若狭町の就農定住支援について詳細はこちら

  • 若狭町の就農支援
  • 若狭町の農業研修
  • 若狭町の就農定着支援
  • 若狭町
  • かみなか農楽舎